TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

抗ウイルス薬「ゾビラックスクリーム」

 

ゾビラックスクリーム

徴/果を調べてみた

 

ゾビラックスクリームは、皮膚や粘膜に水膨れを作ることで知られるヘルペスウイルスに効果的な抗ウイルス薬です。

口唇だけでなく、陰部など場所を限定されること無くどこにでも使えるので便利なクリームです。

ヘルペスウイルスが増殖するのを防いでくれるので、症状の悪化を防ぎ、治癒を促してくれるクリームです。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

ゾビラックスクリームは抗ウイルス薬で、ウイルスの中でも特にヘルペスウイルスに感染した時に効果があると言われています。

ヘルペスウイルスすべてに効果があるわけではなく、単純ヘルペスウイルスⅠ・Ⅱ型、水痘・帯状疱疹ウイルスに効果を発揮してくれます。

その中でも、ゾビラックスクリームは表面に見えるヘルペスにしか効果を発揮してくれません。なので、ゾビラックスクリームが使われる主な疾患は、口唇ヘルペス・陰部ヘルペスの2つになります。

ヘルペスウイルスに感染してしまうと、皮膚や粘膜に水膨れを作るのが主な症状です。口唇ヘルペスは、ストレスが溜まったときや体調が悪い時によくできます。性器ヘルペスは、ヘルペスウイルスに感染している相手とコンドームを使用せずに性交渉してしまうと感染してしまいます。

また、子どもの頃にかかりやすい水疱瘡帯状疱疹も原因はヘルペスウイルスなので、効果を発揮してくれます。

ヘルペスウイルスが体内の細胞に入り込み症状を引き起こすことを感染と言います。ヘルペスウイルスはDNAの周りを取り囲んでいる状態なので、DNAが新しく作られていくのと一緒に体の中でどんどん増殖していってしまいます。

なので、DNAが作られるのを止めれば、ヘルペスウイルスの増殖も防げるということになります。そこで、その役割を担うのがゾビラックスクリームの有効成分であるアシクロビルです。アシクロビルにはDNAを作るのに必要な酵素であるDNAポリメラーゼといわれる物質を阻害する働きがあります。

結果的に、この酵素を阻害することでDNAが作られるのを防ぎ、ヘルペスウイルスの増殖を止めることで、症状が抑えられます。

ゾビラックスクリームは感染の根本のヘルペスウイルスに働きかけ殺菌するのではなく、体内での感染の広がりを抑える薬です。ゾビラックスクリームを塗ることで症状は治まりますが、ヘルペスウイルスは体の神経節と言われるところに潜伏してしまいます。

日本でも多く見られる感染症なので、感染していても無症状で気付かない方もいれば、症状を何度も繰り返し起こしてしまう方もいます。早期にゾビラックスクリームを塗り始めることで、症状は軽く済むので、症状が出たら早めに使用してください。

 

ヘルペスウイルスに感染したらすぐにゾビラックスクリームを使用するようにして下さい。

早い段階で使用することによって、より良い効果を発揮すると言われています。

クリームは軟膏に比べ水分量が多くなっています。水分が多い分、伸びがよく、ベタベタ感も少ないですが、刺激は少し強いのが特徴です。

ゾビラックスクリームは通常、1日数回適量を塗ります。決まった回数や量などはないので、自分の都合のいい時にある程度時間を空けて塗るようにして下さい。

ですが、ヘルペスウイルスはこの抗ウイルス薬に対して耐性菌を作ってしまう可能性があるので、1週間ほど塗り続けても治らない場合は一度病院を受診して、違う薬を処方してもらった方がいいかもしれません。

刺激が強いクリームなので、塗布部分にヒリヒリ感などが現れる可能性があります。陰部ヘルペスに使う場合は、粘膜部分である膣内などに塗らないように注意してください。

また、陰部に塗るときは、薬がコンドームなどの避妊用のゴム製品と相性が悪く、コンドームを破けやすくしてしまいます。なので、陰部ヘルペスに使用するときは、コンドームとの接触を避けるように注意して下さい。

塗るのを忘れてしまった場合は、気付いたときすぐに塗布するか、次の使用時間が近い時は次まで待って1回分のみ塗るようにして下さい。

目に入ると大変危険ですので、クリームが手についた状態で目をこするなどしないように気を付ける必要があります。塗った後の手はきれいに水や洗剤で洗い流すようにして下さい。

適量を誤って多く塗りすぎてしまった場合には、医師や薬剤師に相談するようにして下さい。

ゾビラックスクリームの保管は、30℃以下の室温保存で3年が使用期限となっています。クリームは冷所や冷蔵庫で保存してしまうと効果がなくなってしまっている場合があるので気を付けてください。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

ゾビラックスクリームは安全性の高い薬で、副作用はほとんどないと言われています。重篤な副作用症状の報告もほとんどありません。

起こる可能性のある副作用の症状としては、かぶれやかゆみ、発疹、皮膚のヒリヒリ感などがあります。症状が重くなることはごくまれで、ほとんどの場合は様子を見るかゾビラックス軟膏を中止すれば自然に軽快していきます。

しかし、自己判断で中止することはよくないので、いつもとは違う気になる症状が出た時は、一度病院を受診するようにして下さい。

◆使用禁忌を調べてみた

 

以前にアシクロビルなどが含まれる薬を使用して、かゆみなどのアレルギーが出た方は使用を控えるようにして下さい。

また、妊娠中や授乳中の方は使用しないで下さい。

現在のところ一緒に使って相互関係がある薬剤は報告されていませんが、ゾビラックスクリームの使用を開始するときは、使用中の薬を医師に報告するようにして下さい。

◆レビューについてを調べてみた

神奈川県 Aさん 46歳f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 ヘルペスは口唇にできるものと性器にできるものがあり、飲み薬はどちらもバルトレックスを処方される場合が多いけど塗り薬に関してはまったく違う。口唇ヘルペスの軟膏は「アラセナS」など通常の薬局で購入できるものがあるけど性器の方は処方箋がないと買えない。ヘルベスは一度感染してしまうと体内にウィールスが残って体力や免疫力が落ちた時に再び現れる。もちろん医者に行くのがベストだけど性器の場合は皮膚科が女医さんの場合につい後ずさりをしてしまう。原因がわかっている性感染の場合はとりあえず常備薬があると安心できるのでベストケンコーさんからはクラミジア尿道感染用の抗生剤を購入しています。今回はいざ性器ヘルペスが再発した場合を考えて塗り薬のゾビラックスをストックしておくことにしました。万が一の時の常備薬があるとないでは安心感が違います。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ゾビラックスクリーム