TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

他の抗鬱剤に比べて依存性が生じないことが特徴「アタラックス10mg」

 

アタラックス10mg

徴/果を調べてみた

 

アタラックス10mgは、蕁麻疹やかゆみなどを抑える高い効果がある抗ヒスタミン薬です。

不安や緊張、不眠などの症状を改善する働きもあり、神経症の症状緩和のためにも活用されています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

アタラックスには、蕁麻疹や皮膚疾患によるかゆみを抑える効果があります。さらにそれに加えて、不安や緊張、不穏症状などの神経症の諸症状を改善する効果もあります。

皮膚のかゆみや蕁麻疹などのアレルギー症状には、「ヒスタミン」という物質が影響しています。ヒスタミンは、アレルゲンとなる特定の物質が体内に侵入すると肥満細胞から放出されます。そして放出されたヒスタミンは、身体を守るためにさまざまな部位で炎症反応を起こします。

本来は身体を守るための炎症反応が過剰に起きてしまうことで、かゆみなどの不快なアレルギー症状が引き起こされます。

つまり、このヒスタミンの働きを抑制できれば、不快なアレルギー症状を改善させることが可能となるのです。そのために開発されたのが「抗ヒスタミン薬」、そしてそのうちの一つがアタラックスです。

アタラックスを服用すると、ヒスタミンが抑制され、強いかゆみや蕁麻疹を軽減することができます。今生じているかゆみなどの症状に高い効果を発揮するため、すぐに治したい不快感も取り除けます。

ヒスタミンには、炎症反応を起こす働き以外にも、中枢神経を覚醒させる作用があります。そのため、抗ヒスタミン薬であるアタラックスを服用すると、覚醒作用が抑制されて鎮静や眠くなることがあります。

この眠気などの症状は副作用となる場合もありますが、逆手にとって不安や不眠、緊張、抑うつなどの神経症の症状改善に活用することができます。

アタラックスは、他の抗うつ剤などに比べて依存性が低いと言われています。そのため、薬を中止した際に体へかかる負担も少なく、安心して使用することができます。

また、機序は解明されていませんが、吐き気や痛みを和らげる効果もあります。このようにアタラックスは、さまざまな場面で活用できるお薬です。

ヒスタミン薬には、第1世代と第2世代の薬があります。アタラックスに含まれる有効成分・塩酸ヒドロキシジンは、第1世代の抗ヒスタミン薬に使われているものです。

第1世代の抗ヒスタミン薬は、高い効果があるものの、その反面で眠気や口渇などの副作用が現れやすいという特徴があります。眠気など生活に支障が出る副作用もあるため、服用後は注意が必要です。

かゆみなどのアレルギー症状改善と神経症の諸症状改善の場合では、使用方法が異なります。ご自分の症状に合わせて適切な服用を行いましょう。

【蕁麻疹やかゆみなどの皮膚症状の改善】
通常、成人であれば塩酸ヒドロキシジンとして1日30~60㎎を内服します。1日2~3回に分けて内服してください。

神経症に伴う不安や緊張、抑うつの改善】
通常、成人の場合、塩酸ヒドロキシジンとして1日75~150㎎を内服します。1日3~4回に分けて内服してください。

どちらの場合にも、患者の年齢や症状、原因となる疾患によって用量は増減します。

アタラックス1錠中には、有効成分10㎎を含有しています。内服量を間違えないよう、指示を守り内服しましょう。

飲み忘れた場合には、気付いた時にできるだけ早く内服してください。ただし、次の内服予定時間が近い場合には1回飛ばし、次の分から通常通りの量を内服します。

2回分をまとめて内服すると、重大な副作用が起こる可能性があり危険です。アタラックスには、症状が落ち着いたからといって自己判断で内服を中断せず、医師の指示に従い中止してください。

アタラックスには、併用することでそれぞれの作用に影響を及ぼしてしまう薬剤があります。

 

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

アタラックスは、安全性が高く、比較的副作用が少ない薬と言われています。しかし、全く副作用が無いわけではなく、人によっては強い副作用が出ることもあります。

主な副作用には、眠気、だるさ、口渇感、紅斑、発疹・かゆみ、蕁麻疹、などがあります。

また、稀にショックやアナフィラキシー、心・肝機能障害を起こすことがあります。呼吸困難、冷や汗、めまい、胸の痛みや不快感、動悸、体のだるさ、食欲不振、皮膚や白目の黄色っぽさなど気になる症状がある場合には、すぐに病院を受診してください。

また眠くなる副作用があるため内服後に危険が伴う車の操作や機械の操作は避けましょう。

飲酒すると薬の作用が強く現れてしまうことがあります。内服中は飲酒を控えてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ポルフィリン症てんかん等のけいれん性疾患、QT延長や除脈などの心疾患、低カリウム血症などの既往がある方は、必ず医師に相談し、使用する際には副作用が出ていないか十分に注意してください。

QT延長などの不整脈を起こしやすい薬剤は、併用すると副作用の発生リスクが高まります。

胃薬であるタガメットは、併用するとアタラックスの血中濃度が上昇する可能性があります。また、めまいの薬であるメリスロン等の作用を弱めてしまうことがあるため、併用は避けましょう。

他にも現在内服している薬や既往歴をしっかりと医師や薬剤師に伝え、併用可能かどうか確認してから内服するようにしましょう。妊娠中や授乳中の内服には注意が必要となるため、既往歴と共に医師や薬剤師に伝えておきましょう。

◆レビューについてを調べてみた

神奈川県 Aさん 46歳f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 昔から肌が弱くて皮膚科に通っています。いつも処方されるこちらのお薬を通販できると知って、3度目のリピート購入です。安く買えて家に届くのでほんとに便利!ちょっと時間がかかるので、なくなる前に頼まないとだめですけど。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

アタラックス10mg