TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

インドの伝統医学アーユルヴェーダ「【ヒマラヤ】Liv52DS(肝機能強化)」

 

【ヒマラヤ】Liv52DS(肝機能強化)

徴/果を調べてみた

 Liv52DSは、インドの伝統医学アーユルヴェーダに基づいて製造・開発されたサプリメントです。ストレスや飲酒により疲労してしまった肝臓を回復することができ、その優れた効果から、海外では肝臓疾患の治療のためにも使用されています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

Liv52DSは、インドの有名なサプリメントメーカーであるヒマラヤ社によって製造・販売されているサプリメントです。インドの伝統的な医学であるアーユルヴェーダに基づいて製造され、天然成分のみで構成されています。天然成分のみで製造されているため安全性が高く、それにもかかわらず効果が強力です。

Liv52DSは、ストレスや飲酒による二日酔い等によって疲労した肝機能の回復だけでなく、肝疾患の方にも使用が推奨されています。お薬を服用したときの副作用として誘発される肝炎や、黄疸、妊娠中の食欲不振、慢性肝炎、非アルコール性脂肪肝炎等の治療の補助にもLiv52DSの使用が可能です。1日2回、1回1錠を服用するだけで、肝臓を保護する作用や肝臓回復する作用を得ることができます。

Liv52DSには、いくつかのシリーズがあります。オーソドックスなLiv52や、B型肝炎に特化したLiv52HB等があります。Liv52DSは、Liv52のdouble strengthということで省略してDSがついています。Liv52よりも肝機能の低下した方のために特化して開発・改良されており、有効成分がLiv52の約2倍量含有しています。軽度の肝機能の低下であれば、Liv52から服用するのもおススメです。逆に、B型肝炎のような重症の肝機能障害等がある方はLiv52HBを使用するようにしてください。

Liv52は世界でもトップクラスのサプリメントで、インドで販売されているトップ10の医薬品のうち唯一お薬じゃないものの中でLiv52だけがランクインしているといわれています。ロシアの病院では、結核患者に抗結核薬を投与する際に肝臓への副作用が起こらないようにLiv52を補助剤として処方しています。それだけでなくLiv52は、日本ではまだ承認されていませんが65ヵ国以上の国や地域で肝機能を回復する効果があるとし、医薬品として登録されています。

Liv52DSのターゲットである肝臓とは、体重の約50分の1を占めるヒトの身体で最も大きい臓器です。肝臓の主な働きは3つあります。1つめが栄養の貯蔵、2つめが有害物質の解毒・分解、3つめが食べ物の消化に必要な胆汁の合成・分泌です。

肝臓はストレスやアルコール、肥満、ストレス等によってダメージを受けて炎症(肝炎)を起こし、これらの働きが鈍ってしまいます。肝機能が低下してしまうと、体がだるくなったり、疲れがなかなか取れなくなったり、食欲がなくなる等の倦怠感があらわれます。しかし、肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、肝炎症等の障害が起こってもわかりやすい特徴的な症状があらわれません。

黄疸等の目に見えてわかる症状があらわれた時には、すでに肝臓の障害がかなり進行している証拠です。肝炎が慢性化すると、症状が進行し肝硬変になり、最悪の場合肝臓癌に移行してしまいます。

そのため、肝臓が重症化する前に肝臓が疲労しているなと感じたらLiv52DSを使用するのがおススメです。肝機能が低下して体がだるくなってきたり、疲れがなかなか取れなかったり、食欲が低下しているのを感じたら、Liv52DSを使用するようにしてください。 

◆日本での価格を調べてみた

 

Liv52DSは、サプリメントでありお薬ではありません。そのため、日本の病院では承認されておらず処方してもらうことができません。

薬局やドラッグストアでもLiv52DSは販売されていないため、購入を希望するのであれば個人輸入代行サイトを利用するのがおススメです。

◆副作用を調べてみた

 

Liv52DSは、天然成分で構成されているサプリメントであり、安全性が高いです。そのため、推奨されている用法でLiv52DSを使用すれば副作用は起こさないといわれています。

しかし、推奨されている用法以上にLiv52DSを摂取すれば副作用を起こすおそれもあります。

もしLiv52DSを使用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

Liv52DSは、天然成分で構成されているサプリメントのためお薬ではありません。そのため、服用することができない禁忌は設定されていません。

しかし、持病のある方や継続している薬があり、医師の治療を受けている方は、安全のためLiv52DSを使用可能かどうか医師に相談するようにしてください。

継続しているサプリメントや健康食品がある方も、成分の重複による過剰摂取などを防ぐため、必要であれば医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆レビューについてを調べてみた

神奈川県 Aさん 46歳f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 若い頃から大酒飲みで毎晩のようにウィスキーのボトルや焼酎のボトルを空にしてまして、今までよく生きていたなと自分でも感心するくらいです。しかし人間の身体は生もの、甘くはなかった…。40代後半から飲む量は変わらぬものの意識が飛んでしまうようになって、他人に絡んだり飲酒運転をして免許取り消しなったりと散々な日々を過ごしてました。そしてもう何年も調べた事もない血液検査をしてもらいに病院へ行きました。すると、とてつもない肝数値が叩き出され医者にも即入院を宣告されました…。さすがに入院はしたくなかったので通院しますから取り敢えず処方箋で薬を下さいと懇願しました。手遅れになっても知らないぞと脅かされましたが、自分でペース守ったらなんとかなると言い聞かせて飲んでました。やはり年齢を重ねると自然と飲む量も減ってはきましたし、逆に減っても酔い方は変わらないので弱くなったんだと思いました。まあ量が減れば金銭的にも健康面にしても良い傾向だなと考えて数ヶ月後に血液検査をしてもらうと少しは数値が下がっただけで変わりばえしませんでした。医者にも再三入院しなさいと言われましたが頑なに断り、結局それから病院には行きませんでした。それからは自力で色々調べていくうちにこの商品と出会い、ダメ元でもいいから試してみよう思い購入してみました。服用するようなって一週間ぐらいから微妙ではありますが朝起きるのが楽になったような気がしました。病院の薬ではなかった事です。このまま続けたら肝数値も復活するのではと淡い気持ちを持ちつつ愛飲したいと思います。やはり飲む事には変わりないので利尿剤と併用しながらですが。身体に合うのは個人差がありますが、何もしないよりは良いと思います。次回の血液検査を楽しみにチビチビやっていきます。失礼しました。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

【ヒマラヤ】Liv52DS(肝機能強化)