TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

尿酸を減らすことができるお薬「フェブリク錠ジェネリック80mg」

 

フェブリク錠ジェネリック80mg

徴/果を調べてみた

 

フェブリク錠ジェネリック80mgは高尿酸血症治療薬です。

シプラ社は、インドのムンバイに本社を構える製薬会社で1935年に設立された歴史のある企業です。

シプラ社は日本ではあまり知られていませんが、インド国内ではジェネリック医薬品シェアの多くを占めています。

インドのジェネリックに関する制度は独特のため、高品質な医薬品のジェネリックを安価に製造することができています。

高尿酸血症は、痛風の原因となる疾患です。

尿酸とは、体内に存在するプリン体などが分解された最終産物であり不要な老廃物です。

血中の尿酸値が高い状態が持続すると、尿酸が体内で結晶化し、その結晶が足の親指関節などに沈着することで激痛が生じる痛風発作を起こします。

フェブリク錠ジェネリック80mgは、痛風の原因となる尿酸の合成を強力に抑制することで血中の尿酸値を低下させ、痛風発作による節々の痛みや、尿酸結石の形成を予防することができます。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

有効成分はフェブキソスタットです。

1錠にフェブキソスタットとして80mg含有しています。

フェブキソスタットは、日本の製薬企業である帝人株式会社(現在の帝人ファーマ株式会社)によって1991年に発見されました。

新規の高尿酸血症として優れた治療効果を持ち、2016年3月、フェブキソスタットは欧米、アジアなど世界57の国や地域で承認され使用されています。

フェブキソスタットはキサンチンオキシダーゼ(XO)阻害薬といわれる種類のお薬です。

痛風高尿酸血症の原因物質である尿酸はヒトにおけるプリン体の最終代謝産物であり、XOの作用により、ヒポキサンチンからキサンチンを経て産生されます。

XOは主に肝、小腸、腎及び血管内皮等の組織に存在しています。

有効成分フェブキソスタットは1日1回服用するだけでXOの作用を強力に阻害することができ、尿酸産生を抑制し血中及び尿中尿酸値を低下させることができます。

また、抗がん薬によるがん化学療法でも、がん細胞が急速に崩壊すると、細胞内の核酸電解質が血液中に大量に放出されます。

核酸は分解され尿酸を産生するため、高尿酸血症を引き起こしてしまいます。

高尿酸血症は腎障害をもたらし、多臓器不全をともなう重篤な腫瘍崩壊症候群にいたるおそれもあります。

フェブキソスタットは、そのようながん化学療法に伴う高尿酸血症の発症抑制にも有用であり、使用されています。

痛風高尿酸血症

  • 通常、成人にはフェブキソスタットとして1日10 mgより開始し、1日1回服用します。その後は血中尿酸値を確認しながら必要に応じて徐々に増量します。
  • 維持量は通常1日1回40mgで、状態に応じて適宜増減できますが、最大服用量は1日1回60mgとします。
  • 海外では1日1回フェブキソスタットとして80~120mgの服用も承認されています。

<がん化学療法に伴う高尿酸血症

  • 通常、成人にはフェブキソスタットとして60mgを1日1回服用します。
  • 海外では1日1回フェブキソスタットとして120mgの服用も承認されています。

◆日本での価格を調べてみた

 

日本では、フェブリク錠ジェネリック80mgの先発品であるフェブリク錠を病院から処方してもらうことができます。
しかし、日本ではフェブリク錠ジェネリック80mgの半分しか有効成分を含有していないフェブリク錠40mgまでしか処方してもらうことができません。
1箱10錠分のフェブリク錠ジェネリック80mgと同じだけの有効成分を処方してもらうにはフェブリク錠40mgが20錠必要です

日本の病院から、フェブリク錠40mgを20錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
フェブリク錠40mgの価格:1錠108.7円×20錠=約2,180円
合計約5,680~6,680円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,710~2,010円かかります。

◆副作用を調べてみた

 

有効成分フェブキソスタットは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。
報告されている副作用の症状と発症頻度は以下の通りです。

<1~5%未満>
肝機能検査値異常〔ALT(GPT)増加、AST(GOT)増加、γ-GTP増加等〕、関節痛

<1%未満>
白血球減少、TSH増加、手足のしびれ感、浮動性めまい、傾眠、心電図異常、下痢、腹部不快感、悪心、腹痛、発疹、そう痒症、紅斑、四肢痛、四肢不快感、CK(CPK)増加、筋肉痛、β-NアセチルDグルコサミニダーゼ増加、尿中β2ミクログロブリン増加、血中クレアチニン増加、血中尿素増加、頻尿、倦怠感、口渇、血中トリグリセリド増加、CRP増加、血中カリウム増加

<頻度不明>
血小板減少、貧血、頭痛、味覚異常、動悸、蕁麻疹、脱毛、尿量減少、浮腫

◆使用禁忌を調べてみた

 

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
  • メルカプトプリン水和物又はアザチオプリンを投与中の患者。

◆レビューについてを調べてみた

神奈川県 Aさん 46歳f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 健康診断で尿酸値が高めに出て、心配になってきたのですが、病院にいくのも面倒なので、
こちらでフェブリク錠ジェネリック80mgを購入してみました。
痛風は本当に痛いと聞きます。この薬を飲んで、痛風を予防できたらと思います。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

フェブリク錠ジェネリック80mg