TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

痛風の症状が出ている方「ザイロリックジェネリック(ザイリック)」

 

ザイロリックジェネリック(ザイリック)

徴/果を調べてみた

 

ザイロリック100mg』は尿酸の生合成を抑制し、血中尿酸値を降下させる働きのあるお薬です。キサンチンオキシターゼ阻害薬に分類され、痛風の症状を改善する代表的なお薬として知られています。通風は関節に溜まる尿酸が結晶化して神経系に悪さをしておこる症状ですが。『ザイロリック100mg』は痛風の原因となる血中の尿酸量を減らし、関節に溜まらないようにしてくれます。

尿酸は、核酸と呼ばれる物質からプリン体が生成され、さらにそこからピポキサンチンが生成され、キサンチンを経て生成されます。『ザイロリック100mg』はその尿酸の生成過程のうちピポキサンチンから尿酸への生成過程で重要な働きをするキサンチンオキシターゼという酵素の働きを阻害。尿酸が生成できないように働きます。尿酸の生成そのものを抑制するため、血中尿酸値が低下します。そのため尿路結石や痛風関節炎、痛風結節、高尿酸血症の改善に用いられています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 使用量の目安
  • 1日100mgから服用を始め、徐々に増量していきます。

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

以下に該当する方は、ザイロリックの使用を控えてください。

  • 肝機能の悪い人
  • 腎機能の弱い人
  • 喘息の薬テオフィリン、抗凝血剤のワルファリン、抗けいれん薬のフェニトイン、免疫抑制剤のシクロスポリンを服用中の方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ザイロリック100mg』は主に腎臓から排出されます。そのため腎機能の弱い人は排出までの時間がかかるため、服用量を調整するなどの注意が必要です。また肝機能の悪い人も 服用に際しては定期的な肝機能の検査が必要です。また妊娠している場合なども医師への相談が必要になります。

併用に注意が必要な薬としては、白血病のお薬であるメルカプトプリンと免疫抑制剤アザチオプリンがあげられます。また、喘息の薬テオフィリン、抗凝血剤のワルファリン、抗けいれん薬のフェニトイン、免疫抑制剤のシクロスポリンなどがあげられます。またアルコールは痛風に悪いだけでなく『ザイロリック100mg』の働きも弱めてしまいますから控えることをお勧めします。

 

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ザイロリックジェネリック(ザイリック)