TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

パーキンソン病治療薬「ロピニロール2mg」

 

ロピニロール2mg

徴/果を調べてみた

 

ロピニロール2mg(成分名ロピニロール塩酸塩)はレキップという名前で知られています。パーキンソン病では脳内のドパミン系の神経の働きが悪くなり、手足のふるえやこわばり、体の動作が不自由になるといった症状がでてきますが、ロピニロールはドパミン受容体を刺激することで症状を改善します。

また、むずむず脚症候群(レストレスレッグ、RLS)にも使用します。むずむず脚症候群は、主に夕方から夜にかけて脚に不快な感覚が現れて脚を動かさずにはいられなくなり、不眠にもなる症状です。むずむず脚症候群ドパミンの機能の低下が関係していると考えられ、ロピニロールで症状で緩和することができます。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 使用量の目安
  • ※ 通常、成人は1回0.25mg、1日3回(1日量0.75mg)から始めます。1週ごとに1回0.25mgを増量していき、4週目に1日量を3mgとします。
  • 以後経過観察しながら必要に応じて増量します。通常は1日3-9mgで治療効果が発現します。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

以下に該当する方は、ロピニロールの使用を控えてください。

  • 成分にアレルギーのある人、未成年、妊婦または妊娠している可能性のある人

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ロピニロールはドパミン受容体を刺激することでパーキンソン病むずむず脚症候群にの症状を緩和します。

ロピニロールの服用は少量から始め、様子を見ながら服用量を調節していきます。

空腹時に服用すると吐き気や嘔吐などが起こりやすいので、できるだけ食後に服用しましょう。また、毎日同じ時間帯に飲むことも大切です。

急な眠気がくることもあるので、服用後の車の運転は避けましょう。

 

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ロピニロール2mg