TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

「吸いたい」と思ったときに「ハビトロール禁煙ガム2mg」

 

ハビトロール禁煙ガム2mg

徴/果を調べてみた

 

ハビトロール禁煙ガム2mgは、タバコを止めたいと思う人のための禁煙治療薬です。

日本では、同じ成分を含む禁煙治療ガムとして、ニコレット、ニコチネルが発売されています。タバコは肺やのどはもちろんのこと、体のさまざまな臓器に悪影響を与えることがわかっています。また吸っている本人だけでなく、タバコの煙を吸い込んだ周囲の方にも悪影響を与えるため、禁煙は推奨されています。しかし、喫煙の習慣のある人が禁煙することは大変むずかしく、自分の意思だけでは何度挑戦しても挫折してしまう人が多いのが現状です。これは、タバコの成分により、体がニコチン依存症になってしまっているからなのです。

タバコを吸うと、その成分であるニコチンが肺から急速に脳まで移行して、脳内の「ニコチン受容体」にくっつきます。その受容体からの信号を受けることで、脳の中にドーパミンという物質が放出されてきます。このドーパミンは喜びを感じたり、気分を良くする働きのある物質で、ドーパミンが脳内に増えることでリラックスすることができるのです。

通常は日常生活の中で良いことがあると、自然にドーパミンが増えるのですが、タバコは強制的にこのドーパミンを増やす働きをしているのです。タバコを吸い続けると、自然なドーパミンの放出がされなくなってきてしまい、タバコを吸うことでしかドーパミン効果が得られなくなってきてしまいます。このため、ニコチンが切れてドーパミンが放出されなくなると、またタバコを吸いたくなってしまうのです。この状態が「ニコチン依存症」です。ニコチン依存症である喫煙は、病気のひとつなので、自分で治せないのであれば、お薬を使うことが必要です。

このハビトロール禁煙ガム2mgは、タバコに含まれる成分と同じニコチンを含んでいます。タバコを吸いたいと思ったときに、喫煙する代わりにこのガムを噛むことで、体の中にニコチンを補充します。まずはこうやって、タバコを吸うという習慣的な依存を修正していきます。次に、ガムの噛む量を徐々に減らしていくことで、体に入るニコチンの量を減らしていき、ニコチンの依存症を治療していくのです。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

使用量の目安は、禁煙前の喫煙本数を参考にします。

タバコを吸いたいと思ったら、1回1個をゆっくりと30分から60分くらいかけて噛みます。

通常、1日の使用量は4個から12個くらいが目安ですが、最大でも1日24個までの使用としてください。

1日の喫煙本数が20本以下だった場合は4個から6個、21本から30本だった場合は6個から9個、30本以上の場合は9個から12個が目安です。

禁煙に慣れてきたら、1日の使用量を徐々に減らしていきます。

1週間ごとに1個から2個ずつ減量し、最終的に1日の使用量が1個から2個になったところで、使用は中止します。

使用を終了するまでの期間は、3ヶ月程度を目安にします。3ヶ月以内に禁煙が達成した場合には、3ヶ月間続ける必要はありません。

このガムは1個ずつ、アルミとフィルムのシートで覆われています。使用するときは、1個ずつ切り離し、フィルムをはがして押し出します。

ガムを口に入れ、ピリッとした味を感じるまでゆっくりと噛みます。

味が濃いと感じたら、噛む回数を減らす、もしくはなめるなどしてください。

次に頬と歯茎の間に1分間ほど挟んで休ませます。味がしなくなるまで、そのままにしてください。

これを30分から60分くらいの間、繰り返してください。

最後にガムを口から出し、紙に包んで捨ててください。

噛んでいて刺激を感じるようでしたら、早めに歯茎に挟むなどして休ませてください。

また、ニコチンが体内に入りすぎるのを防ぐため、噛む数量は1回に1個にしてください。

この製品はガムなので、飲み込まないでください。

入れ歯の方は、歯にくっついてしまうこともありますので、注意してください。

コーヒーや炭酸飲料を飲んだ直後では、薬の効果が十分に現れないことがあります。しばらく時間をあけてから使用してください。

また口の中に使用する吸入剤やスプレー剤と一緒に使用すると、刺激がおこることがありますので、併用はしないでください。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

副作用として、のどの痛み、口内炎、舌の荒れ、歯肉炎などがおこることがあります。

また、全身性の副作用として、頭痛、吐き気、めまい、眠気、動悸、発疹などがおこる場合もあります。

使用をはじめておかしいと感じたら、使用は中止し、医師もしくは薬剤師にご相談ください。

また、あやまって用量を超えた量を使用したり、小児が使用したりすると、同じように全身性の副作用が現れる場合があります。

この場合は直ちに使用を中止し、医師にご相談ください。

また3ヶ月を超えても禁煙が成功せず、このガムの使用を継続したいと思う場合は、タバコのニコチン依存症がガムによる依存症に引き継がれてしまった可能性も考えられます。

漫然とガムの使用は継続せずに、医師にご相談ください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

他のニコチン製剤を使用している方、タバコを吸ったことのない方、現在タバコを吸っていない方は、このガムは使用しないでください。

また、このガムを使用中に喫煙はしないでください。

妊婦もしくは妊娠中の方、授乳中の方はこの製品は使用することができません。

重い心臓病の方、脳血管障害の方もこの薬は使用しないでください。

うつ病の方も使用は控えてください。

高温になる場所、湿度の高いところでは保管すると、ガムの変質の原因となります。

室温で多湿を避けて保管してください。

他の容器に移し替えると、間違って服用する原因となります。容器は移し替えないでください。

また、子どもが誤って口に入れると、大変に危険です。必ず子どもの手の届かないところに保管してください。

期限を過ぎたものは、使用しないでください。

◆レビューについてを調べてみた

 

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ハビトロール禁煙ガム2mg