TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

絶大な勃起力で満足の行く性生活を叶えてくれる「スハグラ50mg」

 

スハグラ50mg

徴/果を調べてみた

 

スハグラはインドの大手製薬メーカー「シプラ社」から販売されている人気のED治療薬です。
PDE-5という酵素を阻害することで陰茎海綿体の血流を増加させ、性的興奮が起きた時に自然かつ強力な勃起を促します。

1990年代に狭心症治療薬の開発中の副産物として画期的なED治療薬が産声をあげました。
それがスハグラの有効成分シルデナフィルです。

98年に「バイアグラ」という商品名でアメリカで発売された当初は爆発的な人気で、あまりの話題に日本でも1年後という異例のスピード(海外の薬が日本で承認されるまでには数年~10年以上かかります。)で承認され処方されるようになりました。
現在では非常にメジャーな薬です。

スハグラはこの有効成分シルデナフィルを含有しているバイアグラジェネリック医薬品です。
バイアグラと同成分・効果でありながら安価でお買い得です。

現在ではシルデナフィルの用法や作用時間を改良したED治療薬が販売されていますが、臨床実績が最も多くネームバリューが高いシルデナフィルは、新しいED治療薬に負けず劣らず現在でも高い人気を誇ります。

 

ED(Erectile Dysfunction)とは「男性の勃起不全・勃起障害」を意味し、「性交時に十分な勃起やその維持ができずに、満足な性交が行えない状態」と世界的に定義されています。

男性は性的刺激を受けると脳からの指令で陰茎の血管を拡張させる物質(cGMP)が増え、陰茎海綿体の血流が増加して勃起が起こります。
性的興奮が収まると、今度はPDE-5という酵素がcGMPを壊すことで血管を収縮させ勃起が収まる仕組みになっています。 

EDの方においてはcGMPが少ない傾向にあります。
相対的にPDE-5が優位となって陰茎の血管が拡張しにくく、血流が増えないために勃起の発現や維持が難しくなってしまうのです。

EDの原因は加齢・心因性・器質性(糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病など)など様々な要因があります。
EDは夫婦やカップルにとって深刻な問題になることが非常に多いです。

スハグラの有効成分シルデナフィルは、cGMPを壊して勃起を終わらせてしまうPDE-5の働きを阻害してcGMPを長持ちさせることで血管拡張・血流増加を促進し、勃起を促し維持します。
そのためスハグラはPDE-5(ホスホジエステラーゼ)阻害薬と呼ばれています。

スハグラに性欲を増やすような作用はありませんが、性行為前に服用することで勃起機能を一時的に改善させ、性的興奮が起きた時に自然な流れで勃起状態を導きます。
約70~90%のEDの方に症状の改善が見られたと報告されており、あらゆる原因のEDに有効です。

また、まだ研究段階ですがスハグラなどPDE-5阻害薬には心肺機能や運動機能の向上・動脈硬化の予防改善といった身体のアンチエイジング効果もあることが近年明らかになっています。

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • スハグラを通常成人男性は1回25~50mgを性行為の約1時間前に、水や白湯で服用します。
  • 心血管系に異常がある方・高齢者・肝障害・腎障害など服用に慎重な注意が必要な方は、半分に切って25mgから服用開始してください。
  • スハグラは1日1回の服用なので、次の服用時刻までは24時間以上間隔を空けてください。
  • 効果発現には個人差がありますが、早い方では服用後15~30分程度で効果が現れ、その後約4~6時間ほど持続します。
  • スハグラの有効成分シルデナフィルは食事の影響を受けやすく、食後に服用すると効果が減弱するというデメリットがあります。そのためスハグラは空腹時に服用する必要があります。

◆日本での価格を調べてみた

 

日本の医療機関でもED治療薬は大人気で、泌尿器科やED専門クリニックだけでなく町の個人医院でも度々処方されることがあるほどメジャーな薬となっています。
自由診療のため保険適用外の全額自己負担であり、医療機関によって価格設定に差があるため事前に値段を確認することをお勧めします。

医療機関で処方してもらう場合は個人輸入サイトなどの通販より高額ですが、異常が起きた時にすぐに医師に相談でき処置を受けられることと副作用が起きた時に救済制度があることがメリットです。 

先発品バイアグラの価格相場は50mg1錠で大体1,500円~2,000円です。
ジェネリック医薬品の場合は50mg1錠1,000円前後です。
尚、国内に100mg製剤はありません。

バイアグラ50mgのジェネリック医薬品を4錠処方してもらう場合、薬代はおよそ4,000円になります。
更に診察料などの受診費用が加わると総額およそ7,000円~それ以上の金額になるかと思われます。

◆副作用を調べてみた

 

  • スハグラの副作用は偏頭痛、ほてり、顔の紅潮、目の充血、鼻炎(鼻閉)、動悸、消化不良、筋肉痛のような身体の痛みなどの症状が報告されています。
  • 特に頭痛・ほてり・目の充血が比較的起こりやすい副作用です。スハグラの血管拡張作用によるものです。
  • 症状が軽度であれば次第に治るのでさほど心配いりませんが、万が一症状が重い場合や服用後1日以上経っても症状が続く場合は早めに医師に相談してください。
  • 滅多に起こりませんが、重大な副作用として心血管系の異常、一時的な視覚障害、勃起機能喪失、陰茎損傷などが稀に報告されているので念のため注意が必要です。
  • スハグラ服用後に何らかの強い異常があった場合はすぐに医療機関を受診してください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

上記に該当する方はスハグラを服用しないでください。

その他心血管系に何らかの問題がある・肝障害・腎障害・高血圧・低血圧・高齢者の方はスハグラの服用に慎重な注意が必要です。
症状によっては服用できないこともあるので、服用を希望する方は必ず医師に相談の上で服用を検討してください。

以下の薬剤を服用している方もスハグラを服用できません。

  • ニトログリセリン製剤全般(内服、舌下錠、注射、外用など全ての剤形)
    硝酸イソソルビド(商品名ニトロールなど)、ニコランジル(商品名シグマートなど)、ニトロ舌下錠、ニトロールスプレー、フランドルテープなど多数
    「硝酸薬」とも呼ばれる薬で、心血管系疾患に多く使用される血管拡張薬です。
  • 塩酸アミオダロン
    商品名「アンカロン
    不整脈治療薬です。
  • リオシグアト
    商品名「アデムパス」
    肺高血圧治療薬です。

その他にも禁忌ではありませんがスハグラと飲み合わせに注意が必要な薬がたくさんあります。
何らかの薬を服用している方は、併用しても問題ないか必ず医師か薬剤師に相談してください。

グレープフルーツジュースを同時に摂取すると効果に影響を及ぼす恐れがあるので控えてください。

◆レビューについてを調べてみた

神奈川県 Aさん 46歳f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

スハグラ50mg