TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

爪専用の水虫治療外用薬「ロセリルクリーム0.25%」

 

ロセリルクリーム0.25%

徴/果を調べてみた

 

 爪水虫(爪真菌症)は、白癬菌が爪に侵入して引き起こされる感染症です。爪水虫の症状は、爪の一部が白や黄色っぽくなる、爪が厚くなる、爪の周囲のの皮膚がガサガサになる、などがあり、放置しておくと、爪の色が茶褐色~黒っぽく変化したり、爪がボロボロになり剥がれることもあります。そして、一度感染すれば白癬菌を退治しなければ治りません。 

爪水虫の治療には抗真菌薬の内服が有効ですが、内服薬には副作用もあり、妊婦や肝臓の弱い方などは服用できません。他の治療方法としては概要の抗真菌剤の塗り薬がありますが、白癬菌は爪の奥にひそんでいるので、塗ってもなかなか成分が浸透しません。また、通常の外用薬は爪が生え替わるまで患部に毎日塗り続ける必要がありますが、爪が1枚生え変わるまでには手では約半年、足では1年弱かかります。治療にはかなりの根気が必要で、継続できずに再発するケースも多く見られます。 

ロセリルクリームは爪に成分が浸透しやすい爪専用の水虫治療の外用薬で、1週間に1回の塗布で効果が期待できます。ロセリルクリームの有効成分の塩酸アモロルフィンはモルホリン系の抗真菌剤で、白癬菌の細胞膜の合成をブロックすることで強力にやっつける作用があります。浸透性が高く、塗布した後に有効成分が長時間にわたって患部にとどまるので、従来の外用薬に比べると使用回数が少なくても効果があります。 

また、ロセリルクリームは塗り薬なので、薬の作用が局所的です。抗真菌薬の内服薬のような全身への影響がないので、副作用が出にくいというメリットがあります。

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 使用量の目安
  • 通常、成人は1週間に1回感染部位に使用します。症状により、1週間に2回塗布することもできます。
  • 手の爪水虫の治療は6ヵ月以上、足の爪では9-12ヵ月かかります。

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 感染している爪の表面の部分をできるだけこすり落としてから塗布すると効果が上がります。入浴後は爪が柔らかくなっているので塗るのに効果的です。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ロセリルクリームは1週間に1回の塗布でOKと市販の塗り薬に比べると手軽ですが、塗り忘れがあると白癬菌の勢力はすぐに戻ってしまいます。爪が生え変わるまでは時間はかかりますが、継続して治療を行い完治を目指しましょう。

また、足は毎日洗って清潔さを保ち、乾いたタオルで拭いて乾燥させておきましょう。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

爪水虫がひどく、近所の皮膚科に行ってもうまく治りませんでした。先生には「これ以上薬は出せないから、爪を剥いで薬を塗る治療をしましょう」と言われてしまいました。爪なんか剥いだら仕事にならないし、家事もできなくなってしまうので、ほとほと困ってしまいましたが、ネットでこのサイトのことを偶然知って利用してみることにしました。
発想のメールが来てから大体1週間くらいで家に届きました。普通の通販よりも時間がかかるので、ちゃんと届くのか不安でしたが、無事届いて良かったです。包装は簡素で、過包装が嫌いな私にとってはありがたかったです。
また海外の薬は作用が強くて危ないのではないかという考えがあったので、正直不安の方が強かったのですが、今のところ問題はないので、意外と大丈夫なんだなと考えを改めました。効果としては、じわじわ良くなっているという感じです。1本使い切ってみて、小指はもう完全に良くなったんですが、親指と人差し指がなかなか良くならないです。一番よく使う指なので、薬を塗ってもすぐ取れてしまうせいだと思います。薬を携帯して気が付いたときに塗ってはいますが・・・。
皮膚科に通っても少しも治せなかった爪水虫が少しづつ良くなっているので、あきらめず根気よく塗って完治できるように頑張りたいです。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ロセリルクリーム0.25%