TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

有効成分のアリピプラゾール「アスプリト(アリピプラゾール)5mg」

 

アスプリト(アリピプラゾール)5mg

徴/果を調べてみた

 統合失調症とは脳内の神経伝達系の不調により、幻聴や妄想などの症状がでる心の病気の一つで、100人に1人が発症するといわれています。 統合失調症合の症状には陽性症状と陰性症状があり、陽性症状では幻聴や被害妄想など「本来は心の中にないもの」が現れます。一方の陰性症状では「本来は心の中にあるもの」が無い状態で、感情や思考能力が減退して引きこもりや無関心などの症状が現れます。 

脳内にドパミンが多いと陽性症状が現れることが分かっているので、ドパミンの働きを抑えれば正常な状態に近づきます。しかし、ドパミンの作用を完全に遮断する従来の薬(ドパミンD2受容体阻害薬)ではドパミン量が減りすぎてしまい、パーキンソン病のような症状(錐体外路症状)を発症しやすくなります。 

スプリトの有効成分のアリピプラゾールは脳内のドパミン受容体を適度に活性化しながら、陰性症状に関わるセロトニンに対して抑制作用があります。つまり、ドパミンの作用が過剰な場合には過剰作用を低下させ、ドパミンの作用が低下すればその作用を促進するという、ドパミン作用の適正化、安定化作用があります。 統合失調症双極性障害の急性期治療のほか、うつ状態発達障害強迫性障害などさまざまな精神症状の改善に使用されています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 統合失調症:通常、成人は1日6~12mgを開始用量、1日6~24mgを維持用量として、1回または2回に分けて服用します。年齢、症状により適宜増減しますが、1日量は30mgを超えないこと。
  • 双極性障害における躁症状の改善:通常、成人は12~24mgを1日1回服用します。なお、開始用量は24mgとし、年齢、症状により適宜増減しますが、1日量は30mgを超えないこと。
  • うつ病うつ状態(既存治療で十分な効果が認められない場合に限る): 通常、成人は3mgを1日1回服用します。なお、年齢、症状により適宜増減しますが、増量幅は1日量として3mgとして、1日量は15mgを超えないこと。

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

以下に該当する方は、使用を控えてください。

  • アリピプラゾールの成分に対し過敏症の既往歴のある人
  • 体の震え、落ち着きのなさ、眠気、興奮、消化不良、下痢、頭痛、吐き気などの副作用が報告されています

◆使用禁忌を調べてみた

 

これまでの統合失調症の治療薬とは別の作用機序を持つ薬で、非定型抗精神病薬です(第3世代抗精神病薬)と呼ばれています。従来の薬に比べて、錐体外路症状(ふるえ、こわばり)、高プロラクチン血症(生理不順、乳汁分泌)、眠気、過鎮静、体重増加などの副作用hは少ないです。
すぐに効果がでなくても、決められた期間、きちんと服用を続けることが大切です。
うつ病では、単独ではなく他の抗うつ薬SSRISNRI等)と併用します。
穏やかに効果が発揮されるメリットがありますが、速やかに強力に鎮静をかけたい時には不向きです。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

アスプリト(アリピプラゾール)5mg