TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

最強のED(勃起不全)治療薬レビトラ錠「レビトラ・ジェネリック(ジマトラ)20mg」

 

レビトラ・ジェネリック(ジマトラ)20mg

徴/果を調べてみた

 

ジマトラは、最強のED治療薬ともいわれているバイエル社から製造・販売されているレビトラ錠のジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品の製造で有名なジマー・ファーマ社によって日本人向けに製造・販売されています。初めてED治療薬を使用する方にも優しい仕様で、日本語の説明書が付属しているため安心して服用することができます。

ジマトラは、1錠に有効成分のバルデナフィルを20mg含有しています。日本人に推奨されているバルデナフィルの用法では、1錠の半分の10mgでも十分に勃起誘発効果あらわすので、半分に割って服用するだけでも強い勃起を得ることができます。

バルデナフィルは、一般的なED治療薬と同じホスホジエステラーゼ5阻害薬といわれるお薬で、勃起を誘発するメカニズムもほとんど同じです。しかし、バルデナフィルは他のED治療と比較して陰茎に対しての作用が強く、より強力に陰茎を固く・強く・太く勃起させることができるので、最強のED治療薬と呼ばれています。

一般的なED治療薬のように、食後に服用しても勃起誘発効果が減少しないのも特徴です。空腹時に服用する必要がなく、普段通りの食事であれば食事をした後にバルデナフィルを服用しても問題ありません。ただし、食事に含まれる脂肪の割合が30%以上高いメニューの場合、ジマトラの勃起誘発効果が弱くなったり遅くなったりすることがあるので、注意してください。

また、ジマトラは性的刺激を受けることにより強力な勃起を促すお薬であり、催淫剤や精力増強剤ではありません。精液や精子の量を増やしたり、質を高めることもありません。感度を上げたり、性的欲求を高める効果もないので注意してください。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

ジマトラの有効成分バルデナフィルの推奨されている用法は、以下の通りです。

  • 通常、成人には1日1回バルデナフィルとして10mg(0.5錠)を性行為の約1時間前に経口投与します。
  • 10mgの投与で十分な効果が得られない勃起不全患者に対しては、20mg(1錠)に増量することができます。
  • 高齢者(65歳以上)、中等度の肝障害のある患者については、本剤の血漿中濃度が上昇することが認められているので、5mg(0.25錠)を開始用量とし、最高用量は10mg(0.5錠)とします。
  • 1日の投与は1回とし、投与間隔は24時間以上とすること。

◆日本での価格を調べてみた

 

日本の医療制度では、ジマトラのようなED治療薬は保険適用にならず、全額自己負担で非常にコストがかかってしまいます。

ジマトラは日本の病院からは処方してもらうことができませんが、先発品のレビトラ錠20mgを10錠分処方してもらうのにかかるコストは、

  • 診察料・処方料:0~3,000円
  • レボトラ20mgの価格:1錠1,600~2,000円☓10錠=16,000~20,000円

合計で16,000~23,000円もかかってしまいます。

◆副作用を調べてみた

 

ジマトラの有効成分バルデナフィルは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

  • 主な副作用として、ほてり、頭痛、鼻閉、心悸亢進、消化不良、めまい等が起こることが報告されています。
  • また、有効成分バルデナフィルとの因果関係は明らかではありませんが、外国においてバルデナフィルを投与中に、まれに、視力低下や視力喪失の原因となりうる非動脈炎性前部虚血性視神経症(NAION)の発現が確認されています。
  • これらの患者の多くは、NAIONの危険因子[年齢(50歳以上)、糖尿病、高血圧、冠動脈障害、高脂血症、喫煙等]を有していました。
  • このような危険因子を有する方がジマトラを服用する際は、視力低下による思わぬ事故を防ぐため、自動車の運転等危険な機械の操作をするときは注意してください。

これら以外にも、バルデナフィル服用することで副作用を起こすおそれがあります。

ジマトラを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ジマトラの有効成分バルデナフィルは、安全性に関する項目として警告と禁忌が設定されています。

警告内容とその理由は以下のようになっています。

  • 本剤と硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)との併用により降圧作用が増強し、過度に血圧を下降させることがあるので、本剤投与の前に、硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されていないことを十分確認し、本剤投与中および投与後においても硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤が投与されないよう十分注意すること。
  • 心筋梗塞等の重篤な心血管系等の有害事象が報告されているので、本剤投与の前に、心血管系障害の有無等を十分確認すること。

禁忌内容(原則禁忌を含む)は以下のようになっています。

  • 本剤の含有する成分に対し過敏症の既往歴のある患者。
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤を投与中の患者。
  • 心血管系障害を有するなど性行為が不適当と考えられる患者。
  • 先天性QT延長患者(QT延長症候群)、クラスIA(キニジン、プロカインアミド等)またはクラスⅢ(アミオダロン、ソタロール等)の抗不整脈薬を投与中の患者。
  • 脳梗塞脳出血心筋梗塞の既往歴が最近6ヵ月以内にある患者。
  • 重度の肝障害のある患者。
  • 血液透析が必要な腎障害、低血圧(安静時収縮期血圧<90mmHg)または治療による管理がされていない高血圧(安静時収縮期血圧>170mmHgまたは安静時拡張期血圧>100mmHg)、不安定狭心症のある患者。
  • リオシグアト、CYP3A4を阻害する薬剤(リトナビル、インジナビル、アタザナビル、サキナビルメシル酸塩、ホスアンプレナビル、ロピナビル・リトナビル、オムビタスビル・パリタプレビル・リトナビル、ダルナビル、テラプレビル、ケトコナゾール(外用剤を除く)、イトラコナゾール、コビシスタットを含有する製剤)を投与中の患者。
  • 網膜色素変性症患者。

これら以外にも、バルデナフィルを服用するのに注意が必要な方がいます。

持病のある方や、継続している薬・サプリメント・健康食品がある方は、ジマトラの服用が可能か医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

レビトラ・ジェネリック(ジマトラ)20mgを購入するのは、今回で3回目になります。今回は10日弱で発注してから製品が到着しました。写真にもありますように、適度なパッケージ内容です。今回はED役についての説明がありました。内容的にはウエブ内で十分に知る事が出来る内容ですが、目を通しておくといいかなと言う感じです。

この手の薬には興味があり、バイアグラ系又はシアリス系も使用したことがありますが、どちらかと言うと、シアリス系に近いかなと言うのが、個人的な使用感です。食前食後問わずとありますが、その通りかと。ただ、油物には注意と言う事ですが、これもその通りと思いました。

私は現在57歳で、若い時の様な勃起力は当然ありません。ただ、普通に勃起もするし、普通にセックスも可能なのですが、やっぱり気を抜くと中折れと言う事もありますが、ジマトラの場合、多少気を抜いても問題ないと言うのが実感です。私の場合は縁が無いですが、オモテになる方で、今日は確実に決めなきゃいけないけど、ちょっと不安と言う方にはお勧めかと思います。私の場合は、食事前に飲み少し熱を感じ、目が充血しだすのが、30分後と言う感じです。ただ症状は心配するような内容ではなく、症状が自覚できると言う感覚です。

精神的に落ち着いていて、エッチな気分になれさえすれば、この薬があればまず問題なく、期待をはずさない結果になると思います。今の所信用度の高い薬としてジマトラ20mgを引き続き購入したいと思います。

隠す

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

レビトラ・ジェネリック(ジマトラ)20mg