TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

局所の抗炎症作用が強い「ベクラゾン・インヘラー100mcg(200回分)」

 

ベクラゾン・インヘラー100mcg(200回分)

徴/果を調べてみた

 

 気管支喘息とは、空気の通り道である気管支が発作により狭くなり、呼吸が苦しくなる病気です。さまざまな刺激(運動、天候の変化、アレルギー、タバコの煙、風邪、など)で発作が生じ、息をするたびにゼイゼイ、ヒューヒューといった喘鳴が聞こえます。重症の場合は呼吸困難の症状から、死に至ることもあります。 

気管支喘息の人の気道は慢性的に炎症が起きてしまっているため、普通の人では何も起こらないちょっと刺激でも発作を起こしてしまいます。発作を起きれば気管支はますます過敏となり、さらに発作か起きやすくなるという悪循環になります。一方、発作が起きなければ気道の炎症が治まり、喘息も治りやすくなります。 

慢性的な気道な炎症を抑えるためには 患部に直接働き抗炎症作用の強いステロイドの吸入薬が効果的です。ベクラゾン・インへラーの有効成分のプロピオン酸ベクロメタゾンはステロイドの中でも局所の抗炎症作用が強く、気道の炎症を強力に抑えることができます。続けて使用していると発作が起こりにくくなることから、発作を予防する長期管理薬(コントローラー)に分類されています。

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 使用量の目安
  • 成人軽度のぜんそく:使用開始量として1日200-400mcgを口腔内に噴霧吸入します。
  • 中等度のぜんそく:使用開始量として1日800-1600mcgを口腔内に噴霧吸入します。
  • なお、1日の最大使用量は2000mcgです。
  • こども(6歳以上)使用開始量として、1回100mcgを症状に応じて1日2-4回口腔内に噴霧吸入します。

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

以下に該当する方は、ベクラゾン・インヘラー100mcgの使用を控えてください。

  • ベクラゾン・インヘラー100mcgの成分に対してアレルギーがある方
  • 吸入後はうがいをしてください。気管支喘息の治療に用いますが、すでに起きてしまった発作をしずめる薬ではありません。発作時は、気管支拡張作用がある吸入薬を使用してください。

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ベクラゾン・インへラーは吸入薬で気管支や肺の局所的に作用しますので、飲み薬のようなステロイドの全身への作用はほとんどなく、安全に使用することができます。また、ベクラゾン・インへラーの薬の粒子は他のステロイド吸入薬よりも小さく、肺の奥まで効率的に薬を届けることができます。

ベクラゾン・インへラーによる治療は発作を起こしてではなく、できるだけ発作を起こさないことが目的です。発作がない日も吸入を続けて発作がない状態を維持しましょう。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ベクラゾン・インヘラー100mcg(200回分)