TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

家族性地中海熱「コルヒチン(痛風治療薬)」

 

コルヒチン(痛風治療薬)

徴/果を調べてみた

 

コルヒチンは、痛風・家族性地中海熱治療薬です。

痛風発作に特異的な作用を有しており、服用することで痛風発作による耐え難い痛みを解消することができます。

コルヒチンは、インドの製薬会社であるZydus Cadila(ザイダス・カディラ)社によって製造・販売されています。

ザイダス・カディラ社は巨大な製薬企業であり、1952年に設立された歴史の古い企業です。

インドの製薬会社では第4位に君臨するほどの大企業です。

日本ではザイダス・カディラ社という名前は聞きなじみがないかもしれませんが、ザイダス・カディラ社はインドのみならず世界的に有名な企業で、アメリカや欧州など25ヵ国以上で拠点をもち、高品質な医薬品を提供しています。

コルヒチンもそんな高品質なお薬の1つで、服用することで強力な痛風発作抑制効果を得ることができます。

発作が起きてからはやめに服用すればするほど効果的なので、尿酸値の高い方はあらかじめ購入しておき、お守りがわりに常備薬としておくのもおススメです

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

有効成分はコルヒチンです。

コルヒチンはイヌサフランColchicum autumnale L.の種子から抽出されたアルカロイドといわれる物質です。

コルヒチンが分離される前から、コルヒチンが含まれるイヌサフランの球茎のエキスチンキ剤は古くから痛風発作治療薬として使用されていました。

痛風に対して特異的な作用メカニズムを持ち、痛風発作の原因となる関節内の尿酸に対して白血球が作用するのを抑え、痛風発作の症状を抑えます。

発作が起きたときに服用することで速やかに発作の痛みを解消してくれます。

痛風発作が起きそうな予兆がしたときにコルヒチンを服用することでも、発作の発現を予防することができるので、日本のみならず世界中で痛風発作をおこした患者のために使用されています。

痛風発作の緩解及び予防

  • 通常、成人にはコルヒチンとして1日3~4mgを6~8回に分割して服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減します。
  • 発病予防には通常、成人にはコルヒチンとして1日0.5~1mg、発作予感時には1回0.5mgを経口服用します。

家族性地中海熱

  • 通常、成人にはコルヒチンとして1日0.5mgを1回又は2回に分けて服用します。
  • 状態により適宜増減しますが、1日最大服用量は1.5mgまでとします。
  • 通常、小児にはコルヒチンとして体重1kgあたり1日0.01~0.02mgを1回又は2回に分けて服用します。
  • 状態により適宜増減しますが、1日最大服用量は体重1kgあたり0.03mgまでとし、かつ成人の1日最大服用量を超えないようにしてください。

◆日本での価格を調べてみた

 

コルヒチンは日本でも承認されており、病院から処方してもらうことができます。
日本では、コルヒチン錠0.5mg「タカタ」というお薬を病院から処方してもらうことができます。

日本の病院から、1箱30錠分のコルヒチン錠0.5mg「タカタ」を処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
コルヒチン錠0.5mg「タカタ」の価格:1錠7.4円×30錠=約230円
合計約3,730~4,730円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約1,120~1,420円かかります。

◆副作用を調べてみた

 

コルヒチンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、全身の瘙痒、発疹、発熱、下痢、悪心・嘔吐、腹痛、腹部疝痛、BUN上昇、クレアチニン上昇、尿蛋白陽性、血尿、乏尿、肝機能異常(AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇)、Al-P上昇、脱力感、脱毛が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用には、再生不良性貧血、顆粒球減少、白血球減少、血小板減少、横紋筋融解症、ミオパチー、末梢神経障害が起こることが報告されています。

これら以外にも、副作用を起こすおそれがあります。
コルヒチンを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
肝臓又は腎臓に障害のある患者で、肝代謝酵素CYP3A4を強く阻害する薬剤又はP糖蛋白を阻害する薬剤を服用中の患者[本剤の血中濃度が上昇するおそれがあります。]
妊婦又は妊娠している可能性のある女性(家族性地中海熱の場合を除く)

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 通風発作がおきる予兆があった時服用しようと思い購入しましたがまだ予兆がないので使用していませんが、あるだけで安心です。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

コルヒチン(痛風治療薬) alt="f:id:rate0421:20180922094637p:plain" />