TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

体内のエストロゲンの量を少ない状態にする「アナストロゾール1mg」

 

アナストロゾール1mg

徴/果を調べてみた

 

アナストロゾールは、乳がんの再発予防や進行抑制のために使用する薬です。

アナストロゾールが効果を発揮するのは、エストロゲンに感受性の高い乳がんです。乳がん治療の薬物療法には、大きく2つのやり方があり、ホルモン療法と化学療法に分けられます。アナストロゾールの服用は、ホルモン療法になります。

乳がんは、乳腺や乳管にできるがんで、女性ホルモンのエストロゲンが関与しています。このエストロゲンは、閉経前と閉経後で、作られる過程が異なります。

閉経前では卵巣で作られますが、閉経後には主に、男性ホルモンであるアンドロゲンから変換されて作られます。

アンドロゲンからエストロゲンに変換するときに、アロマターゼという酵素がつかわれます。そのアロマターゼを阻害することで、エストロゲンを減少させ、閉経後の乳がん細胞の増殖を抑制します。このような機序であることから、アロマターゼ阻害薬に分類されます。

エストロゲンに感受性が高い乳がんであれば、閉経前の場合にも使用することが可能です。また、乳がん治療以外の使用方法として、不妊治療における排卵誘発剤として用いる場合があります。

生理周期で重要な、女性ホルモンのエストロゲンプロゲステロンがあります。エストロゲンは、卵胞を育てる作用を持ち、生理の終わり頃から分泌量が増え、排卵直前に最大となり、排卵後には分泌量が減少します。体内のエストロゲンを少なくし、排卵のタイミングだと錯覚させるために、アナストロゾールを服用することで、排卵誘発効果が得られるとされています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

女性用の薬ですので、男性や未成年の方は使用しないでください。

乳がん再発予防としても、不妊治療としても、1日1回1錠を毎日服用してください。水またはぬるま湯で服用するようにしてください。

服用するタイミングは、特に定められていません。朝、昼、夕、食前・食後に関わらず、服用でき、効果は変わらないとされています。自身の生活スタイルに合わせて、飲み忘れのないよう工夫してください。

飲み忘れた場合は、気が付いた時点ですぐに服用してください。ただし、次の服用時間との間隔が短いときは、1回分の服用をとばしてください。次の通常の服用時間で、1回分を服用してください。

2回分の量を一度に服用することは、絶対にしないでください。多く服用しても効果が得られるわけではなく、副作用が強く現れる恐れがあります。

治療期間中は、経口避妊薬以外の方法を使って、避妊してください。万が一、治療中に妊娠すると、胎児に影響を及ぼす可能性があります。

アナストロゾールを一定期間使用してみて、効果を感じるか、体調の変化はあるかを確認してください。目安としては服用開始してから、3か月程度と言われています。効果を実感できていれば、そのまま服用を継続することが望ましいです。

一般的には、アナストロゾールの服用は、ホルモン療法になるため、服用期間が年単位で長期間に渡り、最低でも5年間の服用が必要と言われています。最近では、5年以降に再発する症例も珍しくないことから、10年間の服用を推奨されるようになったようです。

服用を中止すると、再びホルモンが乱れ、乳がんの再発や進行を来す恐れがありますが、自分で判断するのは難しいと言えます。不安なことや心配なことは、医師に相談できるよう、病院を決めておくようにしましょう。他の薬に切り替えが必要な場合や、新たな治療方法を提案される場合があります。自身の状態

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

比較的多い副作用は、頭痛、ほてり、倦怠感、吐き気などで、更年期障害に似た症状が出ることがあります。これらはアナストロゾールによって、エストロゲンを減少させていることによって起こります。

また、エストロゲンは骨の形成を促す働きをもっていることから、アナストロゾールの長期服用によって、骨密度が低下することがあります。関節の痛みや骨折などに注意してください。このような副作用がみられた場合、医師に相談し、アナストロゾールの服用を継続するかどうか指示を受けてください。

他、重大な副作用として、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)があります。症状としては、38度以上の発熱、目の充血、喉の痛み、広範囲の皮膚発疹などがあります。このような症状が現れたときには、服用を中止し、病院を受診してください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

主に閉経後の方に使用する薬ですが、妊娠または妊娠している可能性がある場合は、服用してはいけません。また、授乳中の方が服用することも避けてください。

以前にアナストロゾールを使用して、過敏症状が出たことがある場合は、使用しないでください。

使用する上で注意が必要なのは、重度の肝機能・腎機能障害がある方です。薬剤の代謝・排泄が肝臓と腎臓で成されるため、半減期が延長し、副作用が強く現れる恐れがあります。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

アナストロゾール1mg