TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

乳がん細胞の増殖を抑える「アーモトラズ(アナストロゾール)1mg」

 

アーモトラズ(アナストロゾール)1mg

徴/果を調べてみた

 乳がんはホルモンの働きに影響を受けやすい「がん」であり、女性ホルモンの一つのエストロゲンがあると乳がんの細胞は活性化して増殖してしまいます。 

乳がんを発症する女性は年齢とともに増加する傾向があり、閉経後の女性に多くみられます。エストロゲンは閉経前は主に卵巣から分泌されますが、閉経後は機能が低下した卵巣の代わりに、副腎から分泌した男性ホルモンのアンドロゲンをアロマターゼという酵素エストロゲンに変換しています。 

アーモトラズ(有効成分アナストロゾール)はアロマターゼの働きを阻害する働きがあります。服用するとエストロゲンの生成が減るため、閉経後女性の乳がん細胞の増殖を抑えることができます。 

閉経前の乳がんも、ホルモン(エストロゲン)に感受性が高い乳がんには効果を発揮します。エストロゲンの生成の減少によりがんの再発予防や、がんの進行の抑制、QOL(生活の質)の改善が期待されます。 

また、アーモトラズは不妊治療にて排卵誘発剤として使用されます。女性の体内では、エストロゲンプロゲステロンという2つの女性ホルモンが生理周期の中で分泌量が増減します。卵胞を育てる働きがあるエストロゲンは生理の終わり頃から分泌量が増えていって排卵直前に最大になり、排卵後にエストロゲンの分泌が減少します。アーモトラズの服用により体内のエストロゲンの量を少ない状態にすることにより体が排卵するタイミングと錯覚して、排卵を誘発する効果があるといわれています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 通常、1日1回1錠を毎日服用します。

※服用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

  • 妊婦または妊娠している可能性のある人、授乳中の人は服用できません。
  • 服用するとエストロゲンの低下するので、頭痛、ほてり、倦怠感、眠気、吐き気といった更年期障害のような症状があらわれることがあります。
  • 妊娠または妊娠している可能性のある人は服用できません。

◆使用禁忌を調べてみた

 また、性器出血やコレステロール値の上昇が起きることがあります。長期に服用すると骨密度が低下しやすくなります。骨粗鬆症になり骨折しやすくなることがあります。
副作用の有無は個人差があります。副作用がひどい場合は休薬や薬の変更をすることがありますが、きちんと服用を続けることが大切です。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

アーモトラズ(アナストロゾール)1mg