TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

アレルギー性の結膜炎の症状を改善「オロブルー点眼薬0.1%」

 

オロブルー点眼薬0.1%

徴/果を調べてみた

 

  • アレルギーの時期に目が痒くなる方に
  • 花粉症で目の痒みの酷い方に
  • アレルギー性結膜炎の方に
  • このようなお悩みの方に

    • アレルギーの時期に目が痒くなる方に
    • 花粉症で目の痒みの酷い方に
    • アレルギー性結膜炎の方に

     

    オロブルー点眼薬0.1%はアレルギー性の結膜炎の症状を改善する薬剤です。一般名はオロパタジン塩酸塩です。同様の成分を含む国内の医薬品には、パタノール点眼液があります。アレルギー反応によって目の痒みや充血、涙目などの症状が引き起こされるのがアレルギー性結膜炎です。痒みなどの症状は、くしゃみや鼻水の症状といっしょに、花粉症などの季節性のアレルギーに伴って引き起こされることも多くあります。このような不快な目の症状がおこるのには、ヒスタミンやロイコトリエンなどのケミカルメディエーターと呼ばれる体内物質が関係しています。この様な体内物質が脂肪細胞という細胞から放出される事で、アレルギーの症状がおこります。オロブルー点眼薬0.1%は、点眼する事で目の粘膜でヒスタミンが働きかける先であるヒスタミン受容体の働きを妨げる他、ケミカルメディエーターが肥満細胞から遊離されるのを妨げます。この作用によって、アレルギー性の結膜炎の症状を改善する点眼液です。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • 1回1滴 1日4回(朝、昼、夕、就寝前)点眼が使用量の目安です。

※使用する際には、説明書をよくお読みになってください。
※薬の使用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

  • オロパタジンの点眼液には、使用によって眼痛、頭痛、ALT上昇、眼瞼炎、眼瞼浮腫、眼搔痒感などの副作用がおこる場合があります。このような症状や異常がおこった場合には、使用を中止するなどの適切な処置を行う必要があります。
  • 妊婦または妊娠している可能性のある方のご使用の安全性は確立されていません。
  • 授乳中の方のご使用は避け、やむを得ず使用する場合には授乳を中止する事が必要となります。
  • 薬液の汚染防止の為に、点眼のときには容器の先端が直接目に触れることがないようにご注意ください。
  • 使用時にはソフトコンタクトレンズを外し、点眼後10分以上経過後に装用してください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

オロブルー点眼薬0.1%