TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

血圧を下げるだけじゃない!循環器系の仕事人「インデラルジェネリック(シプラール)」

 

インデラルジェネリック(シプラール)10mg

徴/果を調べてみた

 

インデラルは非選択的βアドレナリン受容体拮抗薬という種類の降圧薬です。

β受容体とは、全身にある交感神経系の受容体のことで、受容体にアドレナリンなどの神経伝達物質が結合することで自律神経系の作用をもたらしています。β受容体にはβ1、β2、β3と3種類あり、非選択的というのはこのβ受容体の複数に対して作用があるという意味です。インデラルの降圧薬としての作用はβ1受容体拮抗作用を通してです。β2受容体拮抗作用はインデラルをはじめとする非選択的アドレナリン受容体拮抗薬の副作用を引き起こしますがこれは後述します。

非選択性は副作用を起こすだけではなく、良い面もあります。例えば、インデラルは降圧薬として用いられるだけではなく、不整脈の治療や狭心症の予防にも使われます。非選択的βアドレナリン受容体拮抗薬の中で不整脈の治療に対して投与の認可が下りているのはインデラルだけです(2012年から)。また、片頭痛の予防にも有効とされ、2013年に公知申請という特例扱いで「片頭痛発作の発症抑制」という効果が認められました。

たくさんの効果がありますが、主に降圧作用のため用いられています。β1受容体拮抗作用によって心拍数は緩徐になり、心収縮力は低下、心拍出量が減少します。加えて房室伝導を抑制し、心臓の自動能を低下させます。これらのトータルの作用によって降圧効果を期待します。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 ・降圧薬として用いる場合は通常、1日30mg~60mgから投与を開始します。
・効果が不十分だとして医師から指導があった場合は最大1日120mgまで増やします。
・1日3回、食後に服用します。狭心症の予防に用いる場合は1日30mgから投与を開始し、効果が不十分だとして医師から指導があった場合は最大1日90mgまで増やします。
・1日3回、食後に服用します。
・注意点としては、服用は少量からスタートし、長期投与する場合は脈拍や血圧、心電図検査を定期的に行うことが重要です。
・薬の効きすぎで低血圧になった場合や徐脈を起こした場合は減量するか、服用を中止してください。病気によっては服用によってかえって病状が悪化する場合があります。例えば糖尿病の人の場合は、血糖降下薬の作用を増強させることで低血圧が出やすくなります。高齢の人は心不全などの症状が出やすいので少量から慎重投与をします。
・リザトリプタン(片頭痛薬)との併用は禁忌なので後述します。併用に注意するのは、第一に交感神経系に対して抑制作用を持つ他の薬です。(具体的にはレセルピンや他のβ遮断薬)併用すると低血圧になったり、徐脈になったりする恐れがあるからです。また、糖尿病の人は低血圧症が増強することがあるので注意してください。非ステロイド系抗炎症薬との併用は降圧作用を減弱する可能性があります。カルシウム拮抗薬との併用は、機序は解明されていませんが低血圧や徐脈、心不全が発現する恐れがあります。
・使用に当たって、何の治療に用いているのかによって飲み方が変わってくるので、決められた用法、用量を守って服用することが重要です。どの薬でもそうですが、勝手に飲む量を変えないようにしてください。飲み忘れた場合は2回分をまとめて飲むことはしないで、次の服用まで時間がある場合は速やかに1回分を服用し、時間が差し迫ってる場合は1回分を飛ばして次の分から服用してください。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

副作用はβ受容体拮抗作用に基づいています。非常にまれですが心不全の誘発や増悪をもたらすことがあります。動悸やめまい、脈が飛ぶ、胸が苦しいなどの初期症状を認めた場合、速やかに服用を中止し、受診してください。
ぜんそく発作を誘発することも稀ですがあるので、息が苦しい感じがした場合も受診をしてください。
・軽い副作用にはふらつきや目の渇き、幻覚などを認めます。我慢ができない場合は医師に相談の上で減量や中止など必要な処置をします。軽い場合は自然と消失するので飲み始めは何かしらの症状が出るかもしれないと思っておいた方がいいかもしれません。

 

 

◆使用禁忌を調べてみた

 

以下に該当する方は、インデラルジェネリック(プロバノール)10mgの使用を控えてください。

  • インデラルジェネリックに対する過敏症状のある方
  • ぜんそくなど、気管支に障害が見られる方
  • 低血圧、高血圧の方
  • 心血管に異常のある方

※副作用および使用上の注意はここに記載の限りではありません。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

インデラルジェネリック(シプラール)10mg