TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

淋病や梅毒の第一選択薬「アモキシシリンジェネリック」

 

アモキシシリンジェネリック250mg

徴/果を調べてみた

 

アモキシシリンジェネリックの有効成分であるアモキシシリンは、ペニシリン系に分類される抗生物質です。

ペニシリン系は抗生物質の歴史の中で最も古く、様々な菌に効果を発揮してきました。ペニシリン系の中でも代表的で、最も使用される頻度の高い抗生物質であるサワシリンジェネリック薬として販売されている薬がこのアモキシシリンジェネリックです。

アモキシシリンジェネリックは梅毒や淋菌などの性感染症扁桃腺や咽頭炎、中耳炎、ピロリ菌の除去などの幅広い感染症に使用されることが多いく、様々な菌に効果を発揮してくれます。しかし、ペニシリン系の抗生物質は幅広い細菌に効果が得られるので多用され過ぎてしまい、ペニシリン系の抗生物質が効かない耐性菌が体内で作られている場合もあります。

アモキシシリンは、腸での吸収率がとても高いので、経口薬で使用しても点滴薬などと同じ位の効果を得ることができます。また、薬の効果に即効性があるので、実際の医療現場でも良く使用されている抗生物質の1つです。

アモキシシリンジェネリックの主成分であるアモキシシリンは、体内に入って増殖を繰り返す細菌の細胞壁の合成を阻害することで、細菌の増殖を止めることができます。ほとんどの細菌は細胞壁がないと生きられないので、アモキシシリンジェネリックを内服すると体内に入った細菌を死滅させることができます。そのため、細菌によって起こされた発熱や腫れ、痛みなどの炎症症状を軽快させる効果が得られます。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

・アモキシシリンジェネリックは1回に1~2カプセルを1日3~4回、6時間ほど間隔をあけて食後に内服します。内服期間は7日間継続して内服することが多いです。
・内服量は症状や疾患、年齢によって異なりますので、内服前に一度医師の診察を受けると正しい内服量で服用して頂けます。
・アモキシシリンジェネリックはカプセル製剤になっています。カプセル製剤は胃の中でゆっくり溶けて、効果時間を持続させるために作られているので、少し内服時に飲み込みにくいですがカプセルのまま内服するようにして下さい。内服時は多めの水かぬるま湯で内服するようにして下さい。
・アモキシシリンジェネリックを内服し始めると、3~4日で抗生物質の効果があらわれ、症状は軽快していきますが、体内から原因菌が完全に死滅したわけではないので、体内から完全に原因菌を取り除くためには、7日間しっかり内服する必要があります。
・内服期間を守らず、症状が軽快したからと言って内服を中止すると、体内でアモキシシリンジェネリックに対して耐性菌を作ってしまうので、薬の効果が得られなくなります。耐性菌を作らないためにも、内服期間はきちんと守るようにして下さい。
・3~4日内服継続しても、あらわれている症状に変化が見られない場合は既にアモキシシリンジェネリックに対して耐性菌ができている可能性があるため、継続して内服しても菌を死滅させることはできません。
・症状に変化が見られない場合は、再度医師の診察を受けるようにして下さい。
・内服を忘れた場合は、気付いた時に内服するか、気付いた時に既に次の内服時間が近い時は1回分スキップして、次の内服分から通常通りの内服量で内服するようにして下さい。
・1度に2回分内服すると副作用症状があらわれやすくなるので注意して下さい。

※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 ・アモキシシリンジェネリックの副作用症状としてあらわれやすい症状は下痢症状です。抗生物質を内服することによって腸内環境のバランスが乱れるので、下痢症状があらわれますが自然と軽快する場合がほとんどです。下血やひどい下痢が続く場合は内服を中止して、病院を受診するようにして下さい。
ペニシリン系の抗生物質はアレルギー症状を引き起こす可能性があるため、発疹や痒み、発赤、喘息などの症状があらわれた場合は使用を中止して病院を受診してください。
・重たい副作用症状として、腎不全や大腸炎、皮膚障害などを引き起こす可能性があります。高齢者や長期間内服している方はこれらの症状があらわれやすいので注意が必要です。

◆使用禁忌を調べてみた

 アモキシシリンジェネリックペニシリン系の抗生物質なので、ペニシリン系の薬剤に対してアレルギーがあると言われた方は使用することができません。
・高齢者や腎臓疾患がある方は副作用症状があらわれやすいので、内服量には注意が必要です。
・アモキシシリンジェネリックと抗血栓薬のワーファリンを併用してしまうと、薬の作用を増強させてしまいます。反対に、経口避妊薬と併用すると薬の作用を弱めてしまうことがあるので、内服中の薬がある方は内服前に一度医師に相談してみると安心して内服して頂けます。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

骨に慢性の炎症があり、普段は大学病院にかかっています。
炎症が悪化するたびにのアモキシシリンを処方してもらっていたのですが、悪化真っ只中の体調の悪い状態で病院まで行き、薬局などを含めた長い待ち時間で毎回1日潰してしまうことを負担に感じていたので、緊急の際の予備としてこちらで購入させていただきました。

一般的に抗生物質はだらだら続けると耐性菌が増えてしまってよくないので、炎症のぶり返しそうな時だけ、慎重にきちんと飲むようにしています。

ベストケンコーさんには、以前から塗り薬などでよくお世話になっているので、今回も安心して購入させていただきました。
外箱の段ボール箱を開けると、白い内箱に写真の状態で薬のシートがガサーッ!と入っていて、ここらへんはなんか発送元が外国だなあって感じはしましたが…ご愛嬌です(笑)
外箱はもちろん中身が分からないようになっていたし、納品書などもちゃんとしています。また、その時々のキャンペーンによって特別な割引クーポンコードの書かれたチラシが入っていたりするのも嬉しいです。

製造国が違うため私が病院で処方されたものとはカプセルの色などの見た目は違いますが、同じ薬ですので、当然ながらベストケンコーさんで購入したものもよく効いてくれています。ありがたいです!

隠す

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

アモキシシリンジェネリック250mg