TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

女性の多毛症から性同一性障害の治療薬「アンドロクールジェネリック」

 

アンドロクールジェネリック50mg

徴を調べてみた

 

アンドロクールジェネリックは男性ホルモンであるアンドロゲンの分泌を抑える働きをもつ薬です。

アンドロゲンは雄性ホルモンとも言われており、テストステロンやジヒドロテストロンが分類されます。テストステロンやジヒドロテストロンは、筋肉の強化やたくましい体つき、骨格の形成、性欲増進など男性らしい身体を作るために働きます。

このような働きをするアンドロゲンの分泌を抑制する働きを持つので、男性の場合は性欲亢進症や前立腺肥大症、前立腺がん、女性の場合は多毛症やニキビなど男性ホルモンが関係している疾患の治療薬として使用されており、性同一性障害などで悩む方にもトランスセクシャル治療薬として幅広い場面で使用されています。

アンドロクールジェネリックの有効成分であるシプロテロン酢酸塩がアンドロゲン受容体と結合し、男性ホルモンであるテストステロン・ジヒドロテストロンが生成されることを防ぎます。

また、女性であっても男性ホルモンであるテストステロンはプロゲステロン(黄体ホルモン)から生成されています。シプロテロン酢酸塩はこのプロゲステロンから生成されるアンドロゲンの分泌量も抑制してくれる働きがあります。

シプロテロン酢酸塩は抗アンドロゲン薬の中でもより強い効果を発揮してくれると言われています。男性ホルモンの分泌を抑制することで、体内での男性ホルモンの働きを弱め男性ホルモンによって引き起こされている身体的症状を軽減してくれます。

◆効果・効能を調べてみた

 

以下に該当する方は、アンドロクールジェネリックの使用を控えてください。

◆有効成分を調べてみた

 

◆用法と用量を調べてみた

 アンドロクールジェネリックは男性ホルモンであるアンドロゲンの働きを抑制する抗アンドロゲン薬であり、ホルモン剤の1つです。そのため、内服量は症状や内服する目的により細かく決められています。
前立腺がんの場合、精巣摘出手術後であれば1日1~2回、1回2錠を内服します。また、精巣を摘出していない場合は1日2~3回、1回2錠を内服します。
・性欲亢進症の場合、1日2回、1回1錠を目安として内服を開始します。内服を継続して効果のあらわれ方で1回2錠にしたり、調整することもありますが摂取過剰になると副作用症状などがあらわれるリスクが高まるので薬の量の調整は医師と相談するようにして下さい。
・女性の場合は、月経周期に合わせて内服する必要があり、プロゲステロンエストロゲンの合剤との併用が推奨されています。
・月経が始まった日から1日1回、1回2錠の内服を開始します。月経開始日より10日間内服し、その後プロゲステロンエストロゲンの合剤を10日間内服して下さい。その後7日間は休薬期間になるので、何も内服しないようにして下さい。このサイクルを繰り返しながら、内服をするようにして下さい。
無月経の女性や月経が終わっている女性は、内服の開始はいつでもかまいませんので、自分が内服しやすい日から内服するようにして下さい。
アンドロクールジェネリックは決まった時間に内服すると、継続した効果が得られるとされているので、決まった時間に内服する用に心がけてください。
アンドロクールジェネリックは強力なホルモン剤なので、内服を開始するときは自己判断で開始するのではなく、一度医師の診察を受けて内服量を決めることが望ましいです。また、内服を中止するときは、急に中止するのではなく徐々に減量していく形で中止するようにして下さい。
・内服し忘れた場合は、気付いた時に内服するか次の内服時間が近い時は1回分スキップして、次の内服時から決まった量内服する用にしてください。1度に2回分内服することは決してしないようにして下さい。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 アンドロクールジェネリックの副作用として、主に性機能低下・乳房障害・肝機能障害の3つがあらわれます。性機能低下は性欲がなくなる・勃起不全・精子や精液軽減という症状が現れます。乳房障害は乳房が女性のようになる女性化乳房・乳頭や乳房の痛み・乳房の不快感などです。肝機能障害症状としては、身体のだるさ・疲労感・発熱・白目や皮膚が黄色くなるという黄疸などがあります。
・内服し始めて何か身体に気になる症状があらわれた場合、直ちに内服を中止して、病院を受診するようにして下さい。

◆使用禁忌を調べてみた

 アンドロクールジェネリックの併用禁忌薬は抗生物質のリファンピシン・ペニシリン、糖尿病の治療薬、コレステロールを下げる薬などです。これらの薬と併用すると効果が出過ぎてしまったり、効果が得られなかったりするので注意して下さい。内服薬がある方は、内服前に事前に医師に相談すると安全に内服して頂けます。
アンドロクールジェネリックを内服すると男性ホルモンの働きを抑制するので、精子の生成量が抑えられます。通常通りに戻るまでには内服を中止して3~20か月程度かかると言われています。
・また、ホルモン剤なので肝臓に負担を与えてしまい肝機能障害を起こしてしまう可能性があります。
アンドロクールジェネリックを内服する前と内服期間中は定期的に肝機能検査を受けるようにして下さい。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

アンドロクールジェネリック50mg