TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

免疫を抑える効果が非常に強いため「シクロミューン(シクロスポリン・ジェネリック)」

 

シクロミューン(シクロスポリン・ジェネリック)3ml

徴/果を調べてみた

 

クロミューン(シクロスポリン・ジェネリック)は、免疫抑制作用により炎症を抑える乾性角結膜炎(涙液減少症/ドライアイ)の治療薬です。

シクロスポリンが持つ免疫を抑える効果は、副腎皮質ホルモン(ステロイド)や抗ヒスタミン薬などと比べると、群を抜いて高いです。シクロミューンの作用機序ですが、リンパ球という細胞に作用し、働きを抑えます。リンパ球自体にも免疫に関する働きがありますが、リンパ球は人間における免疫システムの中心であり、他の免疫細胞にも働きかけます。シクロミューンはリンパ球以外の細胞にも働きかけ、アレルギーなどの免疫反応に関係する体内物質(サイトカイン)の産生を抑制します。したがって、ほぼすべての免疫システムを抑制することができるため、強力な免疫抑制作用を有しています。日本国内においては、パピロックミニ点眼液という先発品が存在しますが、抗炎症成分の配合された点眼薬を使用中の方や涙腺プラグを使用中の方における涙の分泌を促進する作用は認められていないため、医師からの処方を受けることが難しいです。

<効能効果>
春季カタル(抗アレルギー剤が効果不十分な場合) :比較的重度なアレルギー結膜炎のことです。
※効能・効果に関連する使用上の注意:眼瞼結膜巨大乳頭の増殖が認められ抗アレルギー剤により十分な効果が得られないと判断した場合に使用すること。

この眼瞼結膜巨大乳頭の増殖ですが、通常の花粉症やアレルギーであれば、これに該当するものではないため、パピロックミニ点眼液を処方してもらうことは非常に難しいです。シクロミューンであれば、手軽に購入できるため、つらい目の症状をすっきり解消することができます。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

  • クロミューンは点眼方法が他の目薬とは異なりますので、必ず次のことを守ってください。
  • クロミューンは、1回1滴、1日1~3回点眼してください。
    (日本国内においては、先発品であるパピロックミニが使用できる条件として「眼瞼結膜巨大乳頭の増殖」がありますが、シクロミューンにはそのような制限はありません。逆にいうとパピロックミニ(シクロミューン)を使用しても良いようなひどい状態・症状ではない状態・症状に対して使用している可能性もあります。したがって、初めて使用する場合は、1日1回から様子を見てください。また、もし可能であれば、1回1滴の量もできるだけ少ない量となるように調節することをオススメします。)
  • 原則仰向けに寝転んだ状態(仰臥位)で点眼してください。
  • 点眼後は涙嚢部(目頭の辺り)を圧迫してください。
  • 1分~5分後に圧迫を解除してください。
  • 目から流れ出て皮膚についた場合は、ふき取っていただき、洗い流してください。
  • パチパチと瞬きをしてはいけません。パチパチと瞬きをすることで、涙が分泌され、その涙によってシクロミューンが洗い流されてしまいます。その結果、シクロミューンが十分に浸透せず、十分な効果を発揮できないことになります。
  • 涙は涙点という通り道を通って喉に流れ込みます。したがって、シクロミューンが喉に流れてくることがあります。目薬の中には飲み込んでも問題ないお薬もありますが、シクロミューンは必ず吐き出してください。飲み込んでしまうと、有効成分であるシクロスポリンの効果が全身に出てしまい、易感染状態、つまり普段から身の回りにいるような細菌やウィルスなどが簡単に感染してしまいます。易感染状態で病気を発症させてしまうと、普段より重篤な症状に陥ってしまいますので、必ず守ってください。さらに、シクロミューンを吐き出したあとは、しっかりとうがいをして、喉や口にシクロミューンが残らないようにしてください。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 ・比較的多い副作用としては、点眼したときの刺激感や目のかゆみです。
・いずれも点眼していくうちに、気にならなくなったり、感じなくなったりします。長引くようであれば、一度医師に相談してみてください。
・冬場など寒い場合、シクロミューンが冷やされて、その冷たさによって刺激を感じることもあります。手のひらで包んで少し温めてから、点眼すると感じないこともあります。
・その他の副作用としては、角膜炎や麦粒腫(ものもらい)です。免疫が抑えられた結果、細菌が付着・感染し、症状を発症しやすくなります。
・その他、普段と異なる症状、気になる症状が出てきた場合は、すぐに病院を受診するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 ・花粉症やアレルギーに対する目薬を使用している場合、併用することはできません。
緑内障白内障など、何らかの目の疾患に対して目薬の治療薬を使用している場合、併用する前に医師に相談するようにしてください。
・妊娠中、妊娠している可能性のある方は、原則使用しないでください。どうしても使用したい場合は、主治医に相談してください。
・授乳している場合、もし使用するのであれば、授乳を中止してください。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

シクロミューン(シクロスポリン・ジェネリック)3ml