TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

ガスによるお腹のふくらみを改善する働きがあります「ガセックス」

 

ガセックス

徴/果を調べてみた

 

ガセックスとは、食物が消化管に留まる時間を正常化させることによって消化を促進し、ガスの発生を防ぐお薬です。

お腹のふくらみというものは、ガスの影響もあります。ガセックスはそんな症状をすっきり改善してくれるお薬です。ガセックスを製造販売しているのは、インドに本社をおくヒマラヤという会社です。会社の歴史は古く1930年に設立されて、現在も続いている会社です。WHO(世界保健機構)も認めているアーユルヴェーダの考えに基づき、天然成分を用いた製品を、非常にたくさん製造販売されており、実績のある会社です。それぞれの有効成分の効果は、以下の通りです。

・Prativisha (キンポウゲ):肝臓保護、胆汁分泌促進剤により、食物の消化を助けます。また、抗菌作用も有していることから、腸内細菌の正常化することで、ガスの発生抑制や排出促進に効果を発揮します。
・Cowrie bhasma(タカラガイの粉末):過剰分泌された胃酸を抑える制酸効果により腸の働きを性状に戻します。したがって、腸炎や十二指腸炎などの状態を改善し、消化を助けます。
・Shankha bhasma(ホラ貝の粉末):胃炎、腹痛、消化不良などを改善する働きがあります。
・Maricha(ブラックペッパー):料理でも使用されるもので、消化管の機能を高め、消化管が膨らむことを抑える働きがあります。
・Vidanga (エンベリア):非常に良好な抗炎症作用を持っています。腸炎などの炎症を抑え、消化吸収を助ける働きがあります。
・Triphala(トリファラ):3つのハーブ(アムラキ、ビビタキ、ハリタキ)を混ぜたものの総称です。炎症を抑える作用、抗菌作用があり、腸の働きを正常に保ちます。
・Sunthi (ジンジャー):胃の働きを活発にする作用があり、胃の働きを正常化します。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 ・消化不良、ガスによるお腹のふくらみ、げっぷの回数が多いなど消化管異常の症状がある場合に、1回1~2錠服用してください。
・有効成分はすべて天然成分であることから、1回2錠から開始していただいても問題ありません。心配な方は、1回1錠から開始してみて下さい。それで症状が改善されましたら、以降も1回1錠で問題ありません。十分な効果が認められないとお感じになられた場合は、次回の服用から1回2錠に増量してください。
・基本的には症状があるときに服用してください。1日3回までの服用としてください。
・食後でも問題ありませんが、より良い効果を得るためには、食前の服用をおすすめいたします。
・ガセックスを服用する際には、食前にコップ1杯程度の多い目の水で服用するようにしてください。その方がより早く腸にガセックスが到達し、スピーディーに効果を得ることができます。
・脂っこい食事の後に服用した場合、特に貝殻の成分であるCowrie bhasma(タカラガイの粉末)とShankha bhasma(ホラ貝の粉末)が脂分に取り込まれる可能性があります。その場合十分な効果を発揮できないことになります。ガセックスを服用する前後に脂っこい食事は避けるようにしてください。
・アルコールとの併用そのものは問題ありません。適量のアルコールであれば消化管の働きを促進する働きがあるため問題ありません。しかし、多量のアルコールは、反対に消化管の働きを抑えてしまいます。適度な量にとどめるようにしてください。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 ガセックスの有効成分は、すべて天然成分であり、副作用発現の可能性は非常に低いです。製造販売しているヒマラヤ社のホームページでも、現在のところ、副作用の報告がないと記されています。
・腸の働きが改善され、ガスが排出されるため、おならの回数が多くなることがあります。外出時や大事な用事がある際には、服用を我慢していただくか、服用後十分な時間を取れるように服用時間を調節してください。
・また、ジンジャー(生姜)が配合されていますので、人によってはお腹(胃)が熱く感じたり、汗をかきやすくなることがあります。
・服用し始めて、普段と異なる症状、気になる症状がありましたら、すぐに医師に相談してください。

◆使用禁忌を調べてみた

 ・ガセックスは、有効成分が天然成分であり、併用禁忌となるものはありません。
・ただし、ニューキノロン系(クラビットなど)やテトラサイクリン系(ミノマイシンなど)の抗生剤を服用されている場合、ガセックスの服用を控えるほうが良いです。貝殻の成分であるCowrie bhasma(タカラガイの粉末)とShankha bhasma(ホラ貝の粉末)は、カルシウムを含みます。カルシウムが抗生剤と結合(キレート形成)し、抗生剤の効果を減弱させる可能性があります。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ガセックス