TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

カンジダ症・トリコモナス膣炎治療用ジェル「V-Gel(V-ゲル)カンジダ症治療ジェル」

 

V-Gel(V-ゲル)カンジダ症治療ジェル

徴/果を調べてみた

 

V-gelとは、膣カンジダや膣炎などの膣の疾患を治療するお薬です。

ヒマラヤというインドに本社をおく会社が製造販売しています。このヒマラヤという会社は、1930年に設立された会社で、設立以降90年にわたって、天然成分を使用した製品を開発しています。疾患を治療する医薬品や、スキンケア商品、妊婦さんに対する商品など非常に多くの商品が開発されていることから、信頼できる会社ということができます。V-gelの有効成分も天然成分で、3種類配合されています。

Persian Rose(ペルシャローズ):ウィルスは自身が増殖するため、DNAやRNAを切断し、それを複製し増殖します。DNAやRNAを切断するためにはプロテアーゼという酵素が重要であり、ペルシャローズは、このプロテアーゼの働きを阻害することによって、ウィルスの増殖を阻害します。また膣に感染しやすいグラム陰性菌や陽性菌に対する抗菌作用も有しています。
Triphala(トリファラ):3つのハーブを配合したものの総称のことで、3つのハーブとはアムラキ、ビビタキ、ハリタキのことです。このTriphalaには、炎症を抑える作用、細菌の活性を抑え、さらに除菌する作用があります。
Cardamom(カルダモン):膣炎や子宮頸管炎、おりものなどに伴う痛みを抑える鎮痛作用があります。このような抗ウィルス作用、抗菌作用、鎮痛作用をもつ医薬品はたくさんありますが、副作用のリスクが付きまといます。V-gelは天然成分であるため、副作用を心配する必要はそれほどないようです。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

・V-gelの使用説明書には、1日に何回使用するかは記載されていませんが、1日1回から3回使用することが一般的です。したがって、1日1回~3回の使用と考えてください。
・使用する前は、膣及びその周辺を清潔にする必要があります。1回はお風呂上りに使用することをオススメ致します。
・V-gelを作用させたい(効果を発揮させたい)部分が、膣の入り口付近であれば、V-gelを手にとってぬってください。膣の奥深くに使用したい場合は、付属の器具にV-gelを塗って使用してください。器具を使用した後は、器具を洗って清潔にし、しっかりと乾燥させてください。

【V-gelが効果を発揮する疾患の症状を以下にお示しいたします。このような症状が認められましたら、使用してください。】
●膣炎・細菌性膣炎:どこにでも存在する一般的な細菌(大腸菌ブドウ球菌、レンサ球菌など)が膣に感染し、増殖することで起きる膣の炎症のことです。主な症状は、かゆみ、膣の赤み、おりものの異常(灰色で、さらっとしており、異臭を伴うこともあります)、下腹部の疼痛、不正出血です。
●膣カンジダカンジダという細菌が膣に感染し、増殖したことで発症する疾患です。主な症状は、膣とその周囲のかゆみ、膣のヒリヒリとした痛み・熱感、排尿時の痛み、性交時痛。特徴的な症状として粘度が高く白いチーズ状のおりものです。
●膣トリコモナス:トリコモナスという原虫が膣に寄生することで発症する疾患です。症状が特徴的で、泡立ちしやすい悪臭のあるおりもの、膣を熱く感じて非常に強いかゆみ、外陰部のただれが認められるようになります。
●子宮頸管炎:子宮と膣をつなぐ部位を子宮頸管と呼びますが、この部分に炎症が発生していることを子宮頸管炎と呼びます。細菌性膣炎などの細菌感染が進行することによって発生します。主な症状は、軽度の痛みやかゆみですが、女性であれば一般的に認められるものと同じ程度のものです。重症してくると強い痛みもでてくるようです。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

今のところ副作用の報告はありません。天然成分であることや、アーユルベーダにも使用される成分であることから、安全性が非常に高いということができます。

・膣は非常にデリケートな部分ですので、天然成分であるからといって副作用のリスクがまったくないということはできません。
・V-gelを使用した後に違和感やかぶれがあるようなら、副作用の可能性がありますので、使用を注意するようにしてください。2、3日様子を見ていただいても良いですが、症状がひどいようなら必ず病院を受診するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 医師より膣の治療のために膣錠、塗り薬などの医薬品の処方を受けている場合、併用することはやめてください。併用を調べた研究データがありませんので、どのような副作用が発現するかわからないためです。V-gelは膣に直接使用するものであるため、飲み薬との併用に問題はありませんが、もし心配なようでしたら、使用する前に医師に相談してください。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 テクスチャーよかった!ただつけても痒みが治らず私はカンジタじゃなくアトピーの方かも?という風だったので、これで完治したらと期待が外れたので残念だった。
ただこれは個人的な意見でカンジタの人ならおすすめです!

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

V-Gel(V-ゲル)カンジダ症治療ジェル