TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

アーユルヴェーダサプリメント「ヒンプラシア」

 

ヒンプラシア

徴/果を調べてみた

 

ヒマラヤ社は「アーユルヴェーダ」と言われる伝統的なインド医学に基づいて様々なサプリメントを販売している会社です。

アーユルヴェーダとは病気の治療や予防に限らず、健康の維持・増進にも視点を当てている医学なので、WHO(世界保健機構)の認定も受けています。ヒンプラシアもアーユルヴェーダを元に作られたサプリメントの1つで、前立腺肥大症や前立腺肥大症による排尿障害を改善してくれる効果があります。

前立腺肥大症とは40代・50代と中年以降の男性に起こりやすい泌尿器系の疾患で、70代以上の男性の約80%は発症していると言われるほど、男性の多くが悩まされる症状です。しかし、手術などの治療が必要になるのはこのうちの1/4程度で、症状が軽ければ内服治療で済むので、予防と早期治療が大切な病気です。

前立腺は膀胱の下にあり、前立腺の中心を尿道が通っています。男性ホルモンの変化と加齢が前立腺肥大の原因と言われていますが、はっきりとわかっていません。前立腺が肥大すると、前立腺の中央を通っている尿道は圧迫されるため排尿障害が起こってしまいます。

尿の出が悪くなったり、尿の回数が多くなる頻尿になってしまったり、排尿後でもスッキリせず残尿感があるなどの症状があらわれます。さらに症状が悪化すると尿が出なくなり手術が必要になります。

このヒンプラシアというサプリメントに含まれる様々な天然成分によって、肥大してしまった前立腺を縮小させ、尿道への圧迫が改善されることで尿の通りを良くすると言われています。

 

◆有効成分/法と用量を調べてみた

 

・ヒンプラシアは1回1錠、1日2回の内服で効果があらわれると言われています。内服時間は特に決められていないので、自分の飲みやすいタイミングで内服してもらって良いですが、1日2回の内服なので朝と夜に内服するなど一定時間は間隔を開けるようにして下さい。内服時は水またはぬるま湯で内服することが薦められています。
・内服し忘れてしまった時は気付いた時に内服するようにして下さい。もし、気付いた時点で次の内服時間に近い場合は1回分をスキップして内服するようにして下さい。1度の内服で2回分内服するようなことは絶対にしないように注意して下さい。
前立腺肥大症に使用する場合、肥大した前立腺が縮小し、尿道への圧迫を和らげ排尿障害が改善するまでには長期間の使用が必要ですので、数か月間内服を継続する必要があります。
・ほとんどの前立腺肥大症の場合は日2錠で効果があらわれますが、もし効果があらわれなかった場合は、症状に合わせて内服量を調整する必要があります。また、他の前立腺肥大症のサプリメントとの併用でより高い治療効果があらわれることもあるので、自分の症状に合わせて内服量や内服方法を調整してみて下さい。
・ヒンプラシアは天然素材のハーブが配合されているので、他のサプリメントや薬と併用しても副作用症状があらわれる心配もなく、どんな薬とも併用できるので現在何か薬を内服中の方でも安全に使用して頂けます。
アーユルヴェーダは5000年以上前からあるインド医学に基づいて自然素材のハーブを使用して作られています。ヒンプラシアも数種類のハーブを配合して作られているので、前立腺肥大症を発症したときの治療としての使用はもちろん、予防として内服することもできます。

※薬の服用にあたって、医師の指導を受けられることを推奨しています。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 ・ヒンプラシアは自然素材のハーブを配合して作られたサプリメントなので、薬とは異なります。そのため6ヵ月間使用し続けた方でも副作用症状の報告は現在のところありません。
・しかし、ヒンプラシアを内服し始めて体調の変化があらわれた場合や気になる症状が出始めた場合は副作用症状の可能性もあるので、内服を中止して病院を受診するようにして下さい。
サプリメントの過剰摂取は効果だけでなく、副作用症状を引き起こす原因になってしまうので、内服量はきちんと守って内服するようにして下さい。2錠/日の内服量で充分効果を発揮してくれます。

◆使用禁忌を調べてみた

 ・ヒンプラシアは様々なハーブを配合して作られているサプリメントなので、どんな薬とも併用することができ、副作用症状の心配もいりません。
・しかし、もともとハーブにアレルギーを持っている方は、ヒンプラシアを内服するとアレルギー症状を引き起こす可能性があるので、アレルギー反応を起こしたことがある方はヒンプラシアの使用を控えたほうが良いでしょう。
・また、ヒンプラシアには血圧を下げる作用を持つハーブが使用されているので、高血圧の治療薬を内服中の方やもともと低血圧の方は、血圧を下げ過ぎてしまい低血圧症状を引き起こしてしまう可能性があります。
・そのため、高血圧や低血圧の方は定期的に血圧を測定し、血圧の変動を観察するように注意して下さい。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

いつもベストケンコーさんには、ED治療薬の数々や、ヒマラヤ社のアーユルヴェーダ医学のハーブで
大変お世話になっております。
今回このヒンプラシアに目が止まったのは、毎日送られて来るメルマガに載っていたので、読んでると、前立腺肥大は男の半数以上が多かれ少なかれあり、また70歳以上になると、実に80%もの人がこの前立腺肥大になっているということです!私の場合は朝方一回トイレに起きることがよくあり、まだ頻尿とは言えないまでも、夜間頻尿の予備軍だと思われます、結構 一回トイレに起きるとそのあとが眠れなくなり、寝不足にもつながり、健康上にも良くないので、このヒンプラシアを5箱まとめ買いしました、コスパもその方が断然いいので。
そしてヒマラヤハーバル社のアーユルヴェーダ医学のハーブは、天然素材ハーブ100%で副作用も無いので安心して飲み続けることが出来ます、ハーブ100%なので最低3ヶ月は続けないと効果は期待出来ないという事なので、気長に続けようと思っています。まだ3日目ですが、体調はいいですね!さすがアーユルヴェーダ医学ですね!

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ヒンプラシア