TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

C型肝炎検査キット(自宅用)「C型肝炎検査キット(自宅用)」

 

C型肝炎検査キット(自宅用)

徴を調べてみた

 

C型肝炎検査キット(自宅用)痛みも少なく、低コストで自宅で誰でもC型肝炎の検査ができる検査キット!早期発見と治療で、C型肝炎の進行を防ぎ、感染の拡大を留めることもできます。

◆効果・効能を調べてみた

 

HCVアンチボディ・セルフテストキットは自宅に居て自分で簡単にc型肝炎の検査をすることができる検査キットです。

検査キットの中に必要な物品は全て入っており、痛みも少なく、低コストで利用できるため、時間のない方や定期的に検査したい方には最適です。

【内容量】

 

  • C型肝炎 テストカード 1個 ×1
  • アルコールパッド ×1
  • ランセット(採血用使い捨て針)×1
  • スポイト ×1
  • 検査液 ×1
  • 説明書(英語) ×1

 

◆有効成分を調べてみた

 

HCVアンチボディ・セルフテストキットはC型肝炎の検査キットです。病院に行かなくても、自宅に居ながら簡単に自分で検査ができるため、病院に行く時間がない方やすぐに検査結果を知りたい方にはオススメの検査キットです。

C型肝炎は血液を介して、C型肝炎ウイルスに感染している人の血液が体内に入ることで感染してしまいます。日常生活を送るうえで、感染する恐れはありませんので安心して過ごして頂けます。

C型肝炎に感染している人の多くは、ピアスや入れ墨・覚せい剤などを使用する時の注射針の使い回しやきちんと清潔処理されていない不衛生な鍼治療などによって感染した人がほとんどですが、最近ではC型肝炎の感染者も減少しています。以前は病院でも注射針が使い回しされていたり、輸血で感染することが多かったので、45歳以上の感染者がほとんどです。まれに、性交渉で感染したり、C型肝炎を患っている母から子どもへ感染する可能性もあります。

C型肝炎インターフェロンという薬で治療し、90%の方はウイルスを除去することができますが、治療せずに放置しておくと病状が進行してしまい、慢性肝炎・肝硬変・肝がんと徐々に悪化していき、根治が困難になってしまいます。

C型肝炎の症状は、全身の倦怠感や食欲低下などが初期症状として見られます。病状が進行し、肝硬変に悪化すると腹水やむくみ、肌が黄色くなる黄疸などの症状があらわれます。しかし、C型肝炎は症状があらわれにくいため、感染したことに気付かずに過ごす方が多く、知らないうちに自分が感染源になってしまっていることもあります。そのため、定期的に自分で検査し、早期発見できることでC型肝炎の進行を防ぎ、感染の拡大を留めることもできます。

◆用法と用量を調べてみた

 

1. C型肝炎の検査キットの中に検査に必要なものは全て入っています。検査キットの中に説明書も入っているので事前に一通り目を通して検査をするようにしましょう。まず、石鹸を使用して手を綺麗に洗いましょう。検査キットの箱を開けて、中にアルコールパッド・ランセット(採血するための針)・スポイト・検査液・C型肝炎のテストカード・説明書が入っていることを確認しましょう。全て入っていることが確認出来たら、指先をしっかりアルコールパッドで拭き、除菌しましょう。

2. ランセットのオレンジ色のノブをパチッと音がするまで押し込んでください。(※この手順を誤るとボタンを押しても針が出ずに使用できなくなってしまいます。)そのあとにランセットの先端にある針のカバーを外します。ランセットは1回のみ使用することができます。準備段階でランセットのボタンを押してしまわぬよう、注意しながら準備するようにしましょう。次に、ランセットを指先の腹に押し当てて、ボタンを押します。ボタンを押すと針が飛び出るため、血液が出てきます。この時、しっかりと指の針に押し付けてボタンを押さないと、検査に必要な血液量が得られないため、しっかりと押し当ててボタンを押すように注意して下さい。

3. 出てきた血液をスポイトで1~2滴吸い取って下さい。ランセットを使用して大量の血液が出るわけではないので、スポイトで十分血液を吸い取るようにして下さい。血液が足らないと検査結果が出にくい場合があります。

4. スポイトで採取した血液をテストカードのSの部分に垂らし、検査液を速やかに血液量と同じ1~2滴たらします。そうすると、検査液がテストキットのC/Tの部分に浸透するため、検査結果をすぐに確認することができます。テストキットで1番確実な検査結果が得られるのは20分後とされているため、20分間放置して、検査結果を確認するとより信頼性が高まるでしょう。検査結果の見方は、陽性の場合はC/Tの両方に線が出ます。陰性の場合はCに線が出ます。Tに線が出た場合と線が出なかった場合はテスト失敗なので再度検査する必要があります。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

副作用はありませんが、針を刺して痛みを伴う検査のため、検査前にはしっかりと説明書を読むようにして下さい。

検査キットで出た検査結果はあくまで参考として捉えていただき、陽性が出た場合でも、その後病院で精密検査をして適切な治療を受けるようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

検査キットの保管は、4~30度の場所で保管し、冷凍はさせないようにして下さい。

テストキットは湿気に弱いため、開封後はすぐに検査を行うようにして下さい。パッケージに記載されている使用期限は必ず守るようにし、使用期限を過ぎたものは使用しないようにしましょう。

使用後のランセットは血液が付着しているため感染源になります。処理には十分注意して下さい。また、ランセットのボタンを途中で押してしまうと針が飛び出てしまいランセットを使用できなくなるため、注意して準備して下さい。

テストカードで検査結果を得るときは水平な場所にテストカードを置き、動かさずに待つようにしましょう。動かしたり、水平な場所でなければ正しい検査結果が得られない可能性があります。30分以降の検査結果は無効になるため、20分後に確認するようにしましょう。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

C型肝炎検査キット(自宅用)