TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

筋肉や細胞組織を介して糖分の代謝も促してくれる効果「グルコファージ(メトホルミン)1000mg」

 

グルコファージ(メトホルミン)1000mg

徴を調べてみた

 

グルコファージは2型糖尿病の治療薬です。

グルコファージは体内に糖分が吸収されることや肝臓での糖分の生成を抑える効果だけでなく、筋肉や細胞組織を介して糖分の代謝も促してくれる効果があります。

インスリンの分泌量に関係なく、血糖値を下げる効果を持つ内服薬です。

◆効果・効能を調べてみた

 

グルコファージは生活習慣病の1つである2型糖尿病の治療薬として欧米では幅広く使用されています。

糖尿病には、インスリンが作り出されなくなる1型糖尿病インスリンの働きが十分に発揮できない2型糖尿病の2種類があります。

日本人の成人の糖尿病患者のおよそ95%が2型糖尿病です。
グルコファージはこの2型糖尿病の治療薬として有効です。

グルコファージには体内の血糖値を下げるためにそれぞれの臓器に働きかけ、3つの働きが期待できます。

1つ目は肝臓に働きかけます。
肝臓は糖分を作り出す役割がありますが、グルコファージが肝臓に働きかけることによって肝臓で作られる糖分の量を制限してくれるため、血糖値の上昇を抑えることができます。

2つ目は小腸に働きかけます。
小腸は食べた物を吸収する働きを持っており、糖分も小腸で吸収されます。

小腸で吸収した糖分は血液に混ざり循環するため、血糖値を上昇させてしまいます。
グルコファージは小腸が糖分を吸収する働きを抑制してくれるため、血液中に混ざる糖分も減り、血糖値の上昇を抑えることができます。

3つ目は全身の筋肉や脂肪組織に働きかけます。
身体を動かすために筋肉や脂肪組織は体内に蓄積している糖分を燃焼させます。
糖分を燃焼させるということは、食べ物から吸収され血液中に循環している糖分を消費してくれるため、血糖値を下降させてくれます。

この3つの働きからわかるように、グルコファージはインスリンの分泌量に関係なく血糖値を下げるために働きかけてくれる効果を持つ内服治療薬です。

2型糖尿病の患者さんの中でも肥満型の糖尿病の患者さんに処方されることが多いです。

◆有効成分を調べてみた

 

◆用法と用量を調べてみた

 

グルコファージを内服するときは1日2回に分けて0.5錠、500㎎/日の量を内服します。1回の内服量は0.25錠、250㎎になります。

錠剤をピルカッターなどで切って内服するようにして下さい。1日に内服できる最高内服量は750㎎/日です。1日量が750㎎を決して超えないように注意して下さい。

グルコファージは血糖値を下げる効果を持つ薬です。内服が初めての方は、500㎎/日の量から開始するようにしましょう。最初から内服量を多くしてしまうと、低血糖症状があらわれる可能性があるため、内服量は少ない量から多い量へ調整するようにして下さい。

内服量は500㎎/日の内服量から開始して、薬の効果を見ながら薬を増減させていく必要があります。2~3日内服した後、効果があまり得られない場合は少しずつ増量していくようにして下さい。

反対に、低血糖症状があらわれた場合は減量するようにしましょう。内服量を調整していくことで自分に合った内服量を見つけるようにして下さい。

効果のあらわれ方に不安がある方は医師に内服量を相談するようにしましょう。

内服をし忘れた場合は、1回分をスキップして次の内服より改めて内服を再開するようにして下さい。1回分内服し忘れた場合でも、1度の内服で2回分内服するようなことは決してしないようにして下さい。2回分内服してしまうと低血糖症状などの副作用症状が出やすくなってしまいます。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

グルコファージの副作用として最も注意しなければいけないものが低血糖です。低血糖とは、効きすぎて血糖が下がりすぎてしまうことを言います。低血糖の症状は、悪心や身体の震え・倦怠感・意識の混濁などがあります。重症な場合はけいれんを起こしてしまったり、昏睡状態に陥る場合もあります。

また、特徴的な副作用症状として乳酸アシドーシスと言われるものがあります。乳酸アシドーシスの症状として、筋肉痛や筋肉のけいれんなどが起こることがあり、ひどければ昏睡状態に陥ることもあるため注意して下さい。

他にも、食不振や腹痛・倦怠感などの肝機能障害などの症状があらわれることがあります。内服し始めて、身体に何か異常な症状があらわれた場合は、直ちに内服を中止し、病院を受診するようにして下さい。

◆使用禁忌を調べてみた

 

グルコファージは血糖を下げる作用を持つ薬のため、使用には十分注意が必要です。内服量や内服方法を必ず守り、内服するようにして下さい。

内服量がわからず、副作用症状などの心配がある方は、内服前に事前に医師に内服量を聞くようにしましょう。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

グルコファージ(メトホルミン)1000mg