TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

強い生理痛などの痛みに対して効果「デフェナック(ボルタレンジェネリック)」

デフェナック(ボルタレンジェネリック)

 

デフェナック(ボルタレンジェネリック)

徴を調べてみた

デフェナック(ボルタレンジェネリック)は、インドのルピン社が製造販売している有効成分ジクロフェナクという解熱鎮痛薬です。ボルタレンジェネリックになります。
服用することで風邪などの発熱や頭痛への効果以外にも、強い生理痛などの痛みに対して効果のあるお薬です。

 

◆効果・効能を調べてみた

 

デフェナック(ボルタレンジェネリック)は、有効成分ジクロフェナクと呼ばれる解熱鎮痛剤です。インドのルピン社が製造販売している、ノバルティス社が開発したボルタレンジェネリックになります。

「発熱」「頭痛」「腰痛」「関節痛」「生理痛」など解熱や痛み止めとして幅広い効果のあるお薬です。

有効成分ジクロフェナクは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)というお薬に分類されます(非ステロイドですので、ステロイドは入っておりません)。服用することで、COX(シクロオキシゲナーゼ)と呼ばれる体内の酵素阻害して、痛みや炎症の原因物質であるプロスタグランジンの合成を抑えます。プロスタグランジンと呼ばれる物質は、痛み域値を下げる(痛みを感じやすくする)作用があります。また、発熱作用もあるため体温が上昇するので、有効成分ジクロフェナクは、これらを抑える効果があります。

急な風邪による発熱やスポーツによる怪我、仕事・作業での体の痛みはいつ起きるかわかりません。その時に備えて、ジフェナック錠を持っておくのも良いかと思います。また、慢性的な頭痛や腰痛に悩まされている方は、日常生活にも支障がでているかと思います。痛みが続くと、行動に制限がかかり、やる気・意欲の低下につながります。有効成分ジクロフェナクは、非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)の中でも解熱鎮痛効果の高いお薬ですので、ぜひオススメします。

◆有効成分を調べてみた

 

◆用法と用量を調べてみた

 

風邪などの急性上気道炎によって発熱や頭痛が生じます。解熱・鎮痛に対して使用する場合、1回に0.5〜1錠(25〜50mg)を1日2回まで服用できます。
連続して服用する際は、必ず6時間以上間隔をあけてから服用するようにしてください。間隔をあけずに服用すると、効果が強く現れたり副作用が現れたりします。

腰痛や関節痛、神経痛、月経困難症、膀胱炎、歯の痛みに対して鎮痛目的で使用する場合、1日3回、1回0.5〜1.5錠(25〜75mg)の量で服用してください。最大1日2錠(100mg)まで服用できます。頓服として服用される場合は、0.5〜1錠(25〜50mg)服用してください。

空腹時の服用は、胃が荒れる可能性があるので控えてください。
プロスタグランジンは、胃の粘膜を保護する粘液を促進する作用もあります。そのため、ジクロフェナクは痛みや炎症を抑える以外に、胃の粘液を抑えてしまうため、胃が荒れやすい環境になるからです。

特に鎮痛薬の中でも、効果の良いお薬の反面、胃に対する副作用も現れやすいお薬です。
少しでも胃の周辺に違和感を感じたら、すぐに服用を中止してください。放っておきますと胃から出血が出ることがあります。赤い褐色系の便が出ることがあれば、胃に負担がかかっている状態です。一度服用を中止してください。
もし胃の荒れが心配でしたら、市販の胃薬と一緒に服用することで、症状を抑えやすくなります。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

主な副作用として、胃のムカつきや不快感、痛みがあります。ただし、服用を中止することで症状が改善しますので、胃の不快感がある場合は中止してください。

他の副作用として、むくみや発疹・蕁麻疹、呼吸困難などの症状がでることがあります。
ショックによる過度の体温の低下や血圧が低くなる、虚脱、四肢冷却、意識障害などが現れることがあります。熱のある高齢者や消耗性疾患(感性的な病気で、体力が落ちる病気)などの方は、服用後に調子が悪くなることがありますので、その際服用を中止してください。

滅多に起こらない副作用ですが、アスピリン喘息、中毒性表皮絵師融解症(TEN)、皮膚粘膜眼症候群スティーブンス・ジョンソン症候群)、間質性肺炎、うっ血性心不全心筋梗塞、肝障害、急性腎不全、ネフローゼ症候群、急性脳症、脳血管障害、無菌性髄膜炎、横紋筋融解症、再生不良性貧血、溶血性貧血、無顆粒球症、血小板減少、紅皮症があります。
この場合は、服用を中止して、医師の診察を受けてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

下記に該当する方は服用できません。

  • 消化性潰瘍(胃潰瘍・十二指腸潰瘍)の方。
  • 血液や肝臓、腎臓に異常がある方。重篤な高血圧、心臓の機能が落ちている方。
  • 過去にジクロフェナクを服用して過敏症がでた方。アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤による喘息発作)の方。
  • 妊娠または妊娠している可能性のある婦人トリアムテレンを服用している方。


インフルエンザにかかっている方や15歳未満のお子さんは、このお薬を服用せずに病院へ受診してください。
過去にライ症候群を発症したとの報告があるため、ご自身で服用されることをお勧めできません。また、他の解熱鎮痛剤と一緒に飲まないでください。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 いつも常備薬として飲んでいるのが、ロキソニンですが、コチラでボルタレンの飲みクスリを見つけて、腰痛などには効果が高いとのことを知り、早速購入しました。ロキソニンよりも強めのクスリとのことで、常備薬として飲むのは控えて、あまりに痛みが強かったり、痛みが長引いてる時などに助けられてます。私は胃が丈夫なので、胃が痛むことも副作用もなく重宝しています。胃腸が弱い方は胃薬との併用をした方がいいかもしれません。

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

デフェナック(ボルタレンジェネリック)