TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

少ない内服量で十分な効果「バルトレックス1000mg」

バルトレックス1000mg

 

バルトレックス1000mg

徴を調べてみた

 バルトレックスはヘルペスウイルスによって引き起こされる単純ヘルペス帯状疱疹・水疱などの治療に効果的です。
身体への吸収率が高いため、少ない内服量で十分な効果を期待できるため、どなたでも内服しやすい内服薬になっています。

◆効果・効能を調べてみた

 

バルトレックスは有効成分にバラシクロビル塩酸塩を含む抗ウイルス薬の1つで、単純ヘルペスや水疱・帯状疱疹などの治療に使用されています。単純ヘルペス帯状疱疹の原因ウイルスであるヘルペスウイルスが体内に侵入すると、皮膚や粘膜に水膨れ(水疱)や発赤・ピリピリとした痛みなどの症状を引き起こすことが特徴です。

バルトレックスはこれらの症状を引き起こすヘルペスウイルスが体内で増殖しないようにDNAが複製されることを抑制する働きがあるため、ヘルペスウイルスに感染することによって引き起こされる症状の悪化を防いでくれる効果を期待できます。

また、単純ヘルペス帯状疱疹などの治療に以前より使用されていたアシクロビルを主成分とするゾビラックスよりも作用時間が長いため内服回数を少なくすることができ、同じ効果を得ることができます。アシクロビルは、ヘルペスウイルスへの効果は十分に期待でき、副作用症状も少なく安心して内服することができましたが内服回数が多いことが難点となっていました。
この問題点を改良して作られたものがバラシクロビルを有効成分とするバルトレックスです。バラシクロビルを内服し、体内へ取り込むとき化学変化が起こるように改良したことで、体内への吸収率がはるかに高まりました。バラシクロビルは体内へ吸収され、肝臓で代謝されるとアシクロビルの形になるため、効果はアシクロビルと変わらない効果を得ることができます。

◆有効成分を調べてみた

 

◆用法と用量を調べてみた

 

バルトレックスの内服量は、症状や年齢・体重によって異なるため、小児の方や内服量に不安のある方は内服前に医師に相談するようにしましょう。

単純ヘルペスの治療で内服する場合は、1日2回、1回0.5錠/500㎎を内服します。帯状疱疹や水疱の治療で内服する場合は、1日3回、1回1錠/1000㎎を内服します。

性器ヘルペスの再発予防として内服する場合は、1日1回、1回0.5錠/500㎎を内服します。どの症状の治療にも、以前より使用されていたアシクロビルよりも半分ほどの内服回数ですむため、内服を負担に思うことなく内服することができるようになります。バルトレックスは症状が出始めてからなるべく早く使用すると良いと言われています。

ヘルペスウイルスは、体内での潜伏期間を経て発症します。発症直後が最もヘルペスウイルスが活発に増殖している時期であるため、発症直後なるべく早くバルトレックスを内服するとより高い効果を得ることができます。例えば、帯状疱疹の場合は発症後5日以内、水疱の場合は発症後2日以内に使用すると症状を重症化させることなく、治療することができるようになるため、症状があらわれたらなるべく早く内服するようにしましょう。
もし、内服をし忘れた場合は気付いた時に内服するか、次の内服の時間が近い時は1回分をスキップして、決められた1回分の内服量を内服するようにしましょう。

1度に2回分内服すると思わぬ副作用症状を引き起こす原因となってしまうため、1度に2回分内服することは決してしないようにして下さい。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 バルトレックスは、腹痛や吐き気・下痢・皮膚の発赤や痒みなどの副作用症状があらわれやすいです。
これらの症状の他にも、頭痛や眠気・ふらつきなどの症状があらわれる場合もあります。まれに、むくみや倦怠感・排尿量が減るなどの症状を伴う急性腎不全や皮膚が黄色くなる・倦怠感・食欲の低下などの症状がみられる肝機能障害、血圧の低下や手足のしびれ・冷汗などのショック症状がみられるアナフィラキシーショックなどに重症化することもあるため、バルトレックスを内服し始めて何か気になる症状があらわれた場合は内服を直ちに中止し、すぐに病院を受診するようにして下さい。バルトレックスを症状に合わせて適用量内服している場合はこれらの副作用症状があらわれることは比較的少ない内服薬なので、安心して内服して頂けます。

◆使用禁忌を調べてみた

 バルトレックスは、胃酸を抑えるタガメット免疫抑制剤のセルセプト、喘息の治療薬であるテオドールと一緒に内服すると副作用症状があらわれやすくなるため併用には注意が必要です。何か内服中の薬がある方は、バルトレックスを内服前に医師に相談するようにしましょう。

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

バルトレックス1000mg