TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

偏頭痛の緩和に効果的な頭痛鎮痛剤「イミグラン50mg」

イミグラン50mg

 

イミグラン50mg

徴を調べてみた

 イミグランは、偏頭痛の緩和に効果的な頭痛鎮痛剤です。即効性のある有効成分で拡張した血管を収縮させたり、血管周囲の炎症を取り除きます。別名スマトリプタンとも呼ばれます。 エルゴタミンに代わり、広く処方されるようになった薬で、 国内初のトリプタン系片頭痛治療薬です。 偏頭痛の症状が現れた初期段階で服用するのが効果的です。

◆効果・効能を調べてみた

 

イミグランは、有効成分にスマトリプタンを含んでおり、片頭痛の治療薬として使用されています。片頭痛に悩む方のほとんどは前触れなく、急に起こる脈を打つようなズキンズキンとした強い痛みが特徴です。頭痛以外にも嘔吐や気分不快・ふらつきなどの症状もあらわれます。

片頭痛の原因ははっきりとはわかっていませんが、ストレスや体質などが要因となることが多いようです。ストレスなどが原因で脳の血管が拡張してしまうと、脳内の大きな神経の1つである三叉神経が圧迫されてしまいます。圧迫されてしまった三叉神経は、脳の刺激を伝える物質である神経ペプチドを放出し始めます。
その神経ペプチドには精神面に影響を与える三大神経伝達物質の一つであるセロトニンが働いているため、セロトニン片頭痛を起こす原因かもしれないとも言われています。

有効成分であるスマトリプタンは、拡張した血管を速やかに収縮させることによって、片頭痛の痛みを改善してくれる効果があります。
また、三叉神経に働きかけ、三叉神経から放出される神経ペプチドの放出を抑制する働きがあるため、片頭痛の痛みの原因を根本から取り除いてくれます。イミグランは即効性があるため、片頭痛の症状があらわれてすぐに内服すると30分ほどで薬の効果があらわれ始め、片頭痛の痛みを和らげてくれるため、片頭痛に長く悩まされる心配はいりません。

◆有効成分を調べてみた

 

◆用法と用量を調べてみた

 

イミグランの内服は、片頭痛が起こったときに1回、1錠(50㎎)を内服するようにして下さい。1錠(50㎎)内服した後に、十分な効果を得ることができず、片頭痛の症状が継続してしまう場合は追加で内服することが可能ですが、1度目の内服から2時間以上あけて1錠(50㎎)内服するようにして下さい。

前回、片頭痛の症状があらわれた時に1錠(50㎎)内服して十分な効果が得られなかった場合は、次に片頭痛の症状があらわれたときに2錠(100㎎)へ増量して内服することができます。ただし、1日の内服量は4錠(200㎎)以内となっていますので、注意して下さい。

イミグランは、片頭痛の症状があらわれた後10分以内に内服するとより効果が得られやすくなります。片頭痛の症状があらわれた時には頭痛を我慢せずにすぐに内服するようにしましょう。いつでも内服できるように常備しておくと安心です。

イミグラン片頭痛の頭痛症状を改善してくれる効果はありますが、片頭痛の根本的な治療にはなりません。そのため、イミグランを内服しても片頭痛を予防することはできませんので、定期的な内服はしないようにして下さい。片頭痛の症状があらわれた時にすぐに使用できるように頓服用として使用するようにしましょう。

片頭痛は、活発に動くことによってさらに症状を悪化させてしまう可能性があります。イミグランを内服後は、眠くなったりする可能性もあるため、運動や入浴を避けて安静にできる環境を作るようにしましょう。過剰摂取は思わぬ副作用症状を引き起こす原因となる可能性もあるため、内服量をきちんと守り内服するようにしましょう。誤って多く内服してしまった場合はすぐに病院を受診するようにしましょう。

◆日本での価格を調べてみた

 

◆副作用を調べてみた

 

イミグランの副作用症状は、動悸やめまい・気分の悪さ・眠気・しんどさ・身体の痛みなどの症状があらわれます。初めて内服される方は、胸や喉につかえた感じや圧迫感を感じることもありますが、自然に解消されることがほとんどです。重症な副作用症状はほとんど報告されていませんが、狭心症心筋梗塞などの心臓病、アナフィラキシーショックてんかん発作が起こることがあります。イミグランを内服し始めて、上記以外にも気になる症状があらわれた方は、内服を中止して病院を受診するようにして下さい。

特に、胸の痛みや動悸などの症状があらわれた方は、狭心症などの重症な副作用につながる可能性があるため、心電図などの検査を行うようにしましょう。

◆使用禁忌を調べてみた

 

イミグランの副作用症状として、眠気や倦怠感があらわれることがあるため、イミグランを内服後は安静にして、車などの乗り物の運転は避けるようにしましょう。

イミグランは血管を収縮させる働きを持っているため、狭心症心筋梗塞の症状を悪化させる可能性があります。心臓病などの持病がある方は内服することができません。
また、妊娠・授乳中の女性は使用することができませんので注意して下さい。片頭痛の治療薬であるエルゴタミン製剤やトリプタン系薬剤と一緒に内服してしまうと、血圧上昇などの副作用症状が引き起こされやすくなるため併用することができません。どうしても内服しなければいけない場合は、24時間以上あけて内服するようにして下さい。

他にも併用すると思わぬ副作用症状があらわれる場合があるため、内服中の薬がある方はイミグランを内服する前に医師に相談するようにして下さい

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 はじめての個人輸入でドキドキでしたが、間違いなく手元に届きました。
効きめも病院でもらう薬と変わりませんが、1粒が大きいです。
もう少し納品が早ければ言うこと無しなのですが…

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

イミグラン50mg