TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

クラミジアや淋病治療の世界標準「ジスロマック細粒(ドライシロップ)」

 

ジスロマック細粒(ドライシロップ)

徴を調べてみた

 

ジスロマックは、ファイザー社が製造・販売している有名な抗生物質です。

体重や年齢にあわせて服用する量を調節できるため、大人も子供も服用することができます。強力な殺菌効果により、一般的な感染症だけでなくクラミジアなどの性病も治療可能です。

◆効果・効能を調べてみた

 

ジスロマックは、ファイザーが製造・販売している世界で最初に開発された15員環マクロライド系抗生物質です。

錠剤が服用できないような子供の方や薬がのどに詰まってしまうおそれのあるお年寄りの方でも安心して服用することができる粉末経口懸濁液です。水で懸濁することで、わずかなバニラの香りとチェリー/バナナのフレーバーで服用しやすいように設計されています。

有効成分として、水で懸濁することで5ml中に抗生物質アジスロマイシンを200mg含有します。

服用することで病気の原因である細菌を速やかに殺菌することができます。治療が可能となる病原菌は肺炎球菌、インフルエンザ菌、化膿レンサ球菌、黄色ブドウ球菌等です。

これらの細菌が原因で発症する皮膚感染症、肺炎、扁桃炎、副鼻腔炎等を速やかに治療することができます。

その優れた殺菌効果より、有効成分アジスロマイシンは普通の抗生物質では殺菌できないようなマイコプラズマクラミジア、淋菌感染症も治療することができます。ジスロマックは、性病として有名なクラミジアや淋菌感染症による尿道炎、子宮頸管炎も治療することができるので多くの方に愛用されています。

使用方法として、ジスロマックは水で融解しやすくするために使用前にボトルを数回降って固まったパウダーをほぐしてください。

子供が簡単に開けることができない安全キャップのため、キャップを押し込むように回して開封してください。

水を9ml計測し、ボトルに加えます。(熱湯やぬるま湯は使用せず、常温の水を使用してください)水を加えたら再度キャップをして、水と有効成分アジスロマイシンが混ざるようによく振ってください。

水と混ざることでアジスロマイシン200mg/5mlの溶液が15ml作成できます。体重および年齢によって必要な量を秤量し、服用してください。

◆有効成分を調べてみた

 

◆用法と用量を調べてみた

 

服用量の目安は、以下の通りです。

 

  • 体重15~25kg(3~7歳)

 

5ml(200mg)を1日1回3日間服用

 

  • 体重26~35kg(8~11歳)

 

7.5ml(300mg)を1日1回3日間服用

 

  • 体重36~45kg(12~14歳)

 

10ml(400mg)を1日1回3日間服用

 

  • 成人の方

 

12.5ml(500mg)を1日1回3日間服用

◆日本での価格を調べてみた

 

日本では、ジスロマック細粒と同じものが承認されていないため病院から処方してもらうことができません。しかし、同じ用量のジスロマック錠600mgを処方してもらうことができます。

日本の病院からジスロマック錠600mgを1錠処方してもらうのにかかるコストは、

 

  • 病院の診察料や処方料

 

3,500~4,500円

 

 

合計約4,350~5,350円もかかります。

保険が適用されて3割負担になっても約1,310~1,610円もかかります。

◆副作用を調べてみた

 

ジスロマックは、服用することでいくつかの副作用が起こることが報告されています。

主な副作用として、下痢、嘔吐、腹痛、悪心、発疹、白血球減少が報告されています。

重篤な副作用として、アナフィラキシーショック、中毒表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、急性反発性発疹性膿疱症、薬剤性過敏症症候群、肝機能障害、急性腎不全、大腸炎、肺炎、横紋筋融解症がまれなことですが報告されています。

意識障害などがあらわれることがあるので、自動車の運転等危険を伴う機械の操作に従事する際には注意するようにしてください。

ジスロマックの有効成分アジスロマイシンは、体内に長期間残ることで細菌に作用するので、服用終了後数日経過しても副作用が起こることがあります。

ジスロマックを服用して、なにか気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

ジスロマックの有効成分アジスロマイシンは、病気の原因となる細菌に対してのみ効果をあらわすため非常に安全性が高く、ほとんどの方が服用することができます。

しかし、有効成分アジスロマイシンに対して過敏症やアレルギー症状を起こしたことがある方は、再度過敏症を起こすおそれがあるので服用することができません。

禁忌ではありませんが、アジスロマイシンを服用するのに注意する必要がある方がいます。以下のような方がアジスロマイシンを服用する際は注意してください。

 

  • アジスロマイシンと同じ系統のマクロライド系やケトライド系薬剤に対して過敏症を起こしたことがある方。
  • 重度の肝機能障害のある方。
  • 心疾患のある方。

 

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

ジスロマック細粒(ドライシロップ)