TES'

個人輸入代行で購入できる、お薬情報を発信しております。販売目的ではありませんが、おくすり画像表示の為に、販売サイトの画像を使用してます。個人輸入できるのは自分自身で使用する場合に限られております。ご使用は、自己責任でお願い致します。

24時間にわたって良好な血圧コントロール「イルベサルタンジェネリック300mg」

 

イルベサルタンジェネリック300mg30錠

徴を調べてみた

 

イルベサルタン300mgは、長時間作用型アンジオテンシンII受容体拮抗薬(Angiotensin II Receptor Blocker:ARB)といわれるお薬です。

服用することで24時間にもわたって優れた血圧低下作用を発揮し、高血圧によって引き起こされる腎臓病や脳梗塞心筋梗塞などの命にかかわる病気の発症を予防することができます。

イルベサルタン300mgは有名なジェネリックメーカーであるSandoz(サンド)によって製造・販売されています。

サンドは世界的に有名な製薬企業であるノバルティスのジェネリック医薬品事業部門であり、ジェネリック医薬品のグローバルリーダーとして高品質でリーズナブルな価格の医薬品を世界中に提供しています。

サンドは日本を含め世界160ヵ国以上で事業展開し、2014年度の全世界における売上高は約96億ドルにもなりました。

現在では、サンドは医薬品業界になくてはならない存在となっています。

イルベサルタン300mgもそんなサンドの製造する高品質なお薬であり、優れた治療効果をあらわします。

日本では承認されていない300mgもの高用量の有効成分を含有しているので、服用することで強力な効果を得ることができます。

◆効果・効能を調べてみた

 

  • 高血圧症

◆有効成分を調べてみた

 

イルベサルタン300mgの有効成分は、イルベサルタンです。

1錠に日本では承認されていない300mgもの高用量を配合しています。

服用することで血圧を上昇させる物質である「アンジオテンシンⅡ」を抑制することで血圧低下作用をあらわします。

これによって、血管を拡張し、体内の水分バランスを調整することができるので、強力な血圧低下作用を得ることができます。

血圧低下作用は24時間持続するので服用回数は1日1回でよく、軽症から重症のどのパターンの高血圧症でも優れた血圧低下作用をあらわすので、多くの医療機関で高血圧症の治療のためにイルベサルタンは使用されています。

◆用法と用量を調べてみた

 

日本で承認されている有効成分イルベサルタンの用法は、以下の通りです。

  • 通常、成人にはイルベサルタンとして50~100mgを1日1回服用します。
  • 年齢、症状により適宜増減しますが、1日最大服用量は200mgまでとしてください。

海外では、イルベサルタンとして最大300mgの服用も承認されています

◆日本での価格を調べてみた

 

日本では、イルベサルタン300mgと同じ有効成分を含有するお薬を病院から処方してもらうことができます。
日本ではイルベサルタンを100mg含有するアバプロ錠100mgを病院から処方してもらうことができます。
1箱30錠分のイルベサルタン300mgと同じ量を処方してもらうには、アバプロ錠100mgが90錠必要です。

日本の病院から、アバプロ錠100mgを90錠処方してもらうのにかかるコストは、
初診料・検査料:3,500~4,500円
アバプロ錠100mgの価格:1錠102.3円×90錠=約9,210円
合計約12,710~13,710円もかかります。
保険が適用されて3割負担になっても約3,820~4,120円かかります。

◆副作用を調べてみた

 

有効成分イルベサルタンは、服用することでいくつかの副作用を起こすことが報告されています。

  • 主な副作用として、めまい、咳嗽、頭痛、CK(CPK)上昇、ALT(GPT)上昇、AST(GOT)上昇等が起こることが報告されています。
  • 重大な副作用として、血管浮腫、高カリウム血症、ショック、失神、意識消失、腎不全、肝機能障害、黄疸、低血糖、横紋筋融解症等が起こることが報告されています。

これら以外にも、服用することで副作用を起こすおそれがあります。
イルベサルタン300mgを服用して、何か気になる症状があれば速やかに医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆使用禁忌を調べてみた

 

禁忌

  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人
  • アリスキレンを投与中の糖尿病患者(ただし、他の降圧治療を行ってもなお血圧のコントロールが著しく不良の患者を除く)

慎重投与

  • 両側性腎動脈狭窄のある患者又は片腎で腎動脈狭窄のある患者
  • カリウム血症の患者
  • 重篤な腎機能障害のある患者
  • 肝障害のある患者、特に胆汁性肝硬変及び胆汁うっ滞のある患者
  • 脳血管障害のある患者
  • 高齢者

これら以外にも、イルベサルタン300mgを服用するのに注意が必要な方がいます。
持病のある方や、継続している医薬品・サプリメント・健康食品がある方で、イルベサルタン300mgの服用が可能か不安な方は、医師・薬剤師に相談するようにしてください。

◆使用にあたって注意事項を調べてみた

 

<重要な基本的注意>

  • 両側性腎動脈狭窄のある患者又は片腎で腎動脈狭窄のある患者は、腎血流量の減少や糸球体ろ過圧の低下により急速に腎機能を悪化させるおそれがあるので、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けるようにしてください。
  • カリウム血症の患者は、高カリウム血症を増悪させるおそれがあるので、治療上やむを得ないと判断される場合を除き、使用は避けるようにしてください。また、腎機能障害、コントロール不良の糖尿病等により血清カリウム値が高くなりやすい患者は、高カリウム血症が発現するおそれがあるので、血清カリウム値に注意するようにしてください。
  • アリスキレンを併用する場合、腎機能障害、高カリウム血症及び低血圧を起こすおそれがあるため、状態を観察しながら慎重に服用するようにしてください。なお、eGFRが 60mL/min/1.73m2未満の腎機能障害のある患者のアリスキレンとの併用については、治療上やむを得ないと判断される場合を除き避けるようにしてください。
  • 脱毛が突発性および/本剤の服用によって、一過性の急激な血圧低下を起こすおそれがあるので、そのような場合には服用を中止し、適切な処置を行うようにしてください。また、特に次の患者は低用量から服用を開始し、増量する場合は状態を十分に観察しながら徐々に行うようにしてください。
    (1)血液透析中の患者
    (2)利尿降圧剤投与中の患者
    (3)厳重な減塩療法中の患者
  • 本剤を含むアンジオテンシンⅡ受容体拮抗剤服用中に重篤な肝機能障害があらわれたとの報告があります。肝機能検査を実施するなど観察を十分に行い、異常が認められた場合には服用を中止するなど適切な処置を行うようにしてください。
  • 降圧作用に基づくめまい、ふらつきがあらわれることがあるので、高所作業、自動車の運転等危険を伴う機械を操作する際には注意するようにしてください。
  • 手術前24時間は服用しないことが望ましいです。

 

◆レビューについてを調べてみた

f:id:rate0421:20180922095240p:plain

 

◆さらに詳しいレビュー情報

は商品画像からお願いします。

f:id:rate0421:20180922094637p:plain

 

イルベサルタンジェネリック300mg30錠